Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディ R8をフルモデルチェンジ。2016年は100台限定発売

2016年3月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年度は限定100台の発売となった新型R8

2016年度は限定100台の発売となった新型R8

アウディジャパンは、フラッグシップスポーツモデル「R8」をフルモデルチェンジし、受注を開始したことを発表した。2016年度の日本市場割当台数は100台で、販売は2016年7月5日から全国の「Audi Sport Store」を通じて開始される。

R8発表会会場にて。アウディジャパン代表取締役の斎藤徹氏とquattro GmbH R8プロジェクトマネージャーのアルウィン・ワトキンス氏

R8発表会会場にて。アウディジャパン代表取締役の斎藤徹氏とquattro GmbH R8プロジェクトマネージャーのアルウィン・ワトキンス氏

欧州で2006年にデビューした初代R8は、スーパースポーツカーらしい卓越したパフォーマンスに加えて、スーパースポーツカーの常識を覆す快適性を備えていた。それにより、全世界で約2万7000台の販売実績を残した。初代デビューから9年目に登場した2代目の新型は、あらゆる面で進化を果たしている。

540ps仕様のエンジンを搭載するV10

540ps仕様のエンジンを搭載するV10

Audi R8 V10Audi R8 V10

610ps仕様のエンジンを搭載するV10プラス

610ps仕様のエンジンを搭載するV10プラス

Audi R8 V10 plusAudi R8 V10 plus

まずボディは、全長と全高は初代とほぼ同等ながら、全幅は約40mm拡大して1940mmとなり、よりワイド&ローのプロポーションを強調。また、アルミと炭素繊維複合材料(CFRP)を組み合わせた「アウディ スペース フレーム(ASF)」を新開発することにより、フレーム重量は先代モデルを10kg下回る200kgとなっている。

アルミやカーボンを使用したフレームボディ

アルミやカーボンを使用したフレームボディ

このボディにミッドシップされるエンジンは、V型10気筒の5.2L自然吸気で、540psと610psを設定。パワーウエイトレシオは2.38kg/ps(3.09kg/ps)、0-100km/h加速3.2秒(3.5秒)、最高速330km/h(320km/h)という、圧倒的なパフォーマンスを発揮する。()内は540ps仕様の数値。

5.2LのV型10気筒自然吸気エンジン

5.2LのV型10気筒自然吸気エンジン

その一方、燃料噴射方式に直接噴射のFSIとポート噴射のMPIを組み合わせたデュアル インジェクションのほか、低負荷時にエンジンの片バンクを休止させるシリンダー オン デマンド(COD)や、アクセルオフ時にエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードを採用。これにより、先代モデルをしのぐ高い燃費性能を実現している。

駆動方式はもちろん4WDのクワトロだが、システムは刷新。最適化された新開発のソフトウェアを搭載したほか、前輪への駆動力伝達に電子制御油圧多板クラッチを用いることで、前後のトルク配分をより素早く、より広範囲で制御。これにより、優れたトラクションとダイナミックなハンドリングをより高い次元で両立する。

また、トランスミッションの7速Sトロニックも新開発され、シフトチェンジがよりスピーディかつダイレクトになり、レスポンスがアップ。加えて、ローンチコントロールも装備され、4500rpm付近で自動的にクラッチを接続し、タイヤのスリップを最適にコントロールすることで、V10エンジンのパワーを余すところなく路面に伝えて素早い発進加速を可能にする。

空力特性を向上するためにアンダーフロアをフラットに

空力特性を向上するためにアンダーフロアをフラットに

波状のディスクローターが特徴的なブレーキ

波状のディスクローターが特徴的なブレーキ

このほか、12.3インチのTFTディスプレイにスピードメーターやタコメーター、ナビなどの情報を表示する「アウディ バーチャル コックピット」には、タコメーターを中央に大きく映し出すパフォーマンスモードを新たに用意。マルチメディアインターフェイス(MMI)は、スマートフォンに近いフラットな階層構造を採用することで、より直観的に操作できるようになった最新世代となり、携帯電話回線(LTE)を通じてインターネット上から情報をリアルタイムに入手できるアウディコネクトも標準装備している。

アウディ バーチャル コックピット

アウディ バーチャル コックピット

全面をナビ画面表示にすることも可能

全面をナビ画面表示にすることも可能

R8で新採用されたパフォーマンスモード

R8で新採用されたパフォーマンスモード

ラインアップは、540ps仕様のV10と、よりハイパワーな610ps仕様のV10プラスの2タイプ。V10プラスにはLEDレーザーハイビームやカーボンのエクステリアパッケージ、リヤウイング、セラミックブレーキなどが標準装備される。

新型R8の発表会は富士スピードウェイで開催。同時にSUPER GTへの参戦についてもアナウンスされた

新型R8の発表会は富士スピードウェイで開催。同時にSUPER GTへの参戦についてもアナウンスされた

■価格
R8 V10 5.2 FSI クワトロ:2456万円
R8 V10プラス 5.2 FSI クワトロ:2906万円

R8の主要諸元

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

アウディ・アーカイブ
アウディR8の中古車情報はこちら
アウディ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる