Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディR8がWCOTYのワールドパフォーマンスカーを受賞

2016年3月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Audi R8 is the “2016 World Performance Car”

マツダの「MX-5(日本名ロードスター)」が受賞したことが話題となっている2016年のワールドカーオブザイヤー(WCOTY)。その部門賞のひとつとなる「ワールドパフォーマンスカー」では、アウディの新型「R8」が栄冠に輝いた。

ワールドパフォーマンスカーは、その名の通り優れた動力性能を持つ1台を選出するもので、今回は2014年秋から2015年秋までにデビューした新型車が対象。ノミネートした数あるパフォーマンスカーのなかからトップ3のファイナリストとなったのは、アウディR8のほか、ホンダの新型「シビック・タイプR」とメルセデス・ベンツの「AMG C63クーペ」だった。

2015年のジュネーブモーターショーでワーアルドプレミアした新型R8

2015年のジュネーブモーターショーでワーアルドプレミアした新型R8

強豪を抑えての受賞となった新型アウディR8は、V10エンジンをミッドシプに搭載し、クワトロシステムを新開発。610hpを発生するトップバージョンは、0-100km/h加速3.2秒、最高速度330km/hを記録する。

今回、第2世代のR8が同賞を受賞したことで、初代と合わせてR8は4度のワールドカーアワードを受賞したことになる。その内訳は、ワールドパフォーマンスカーに初代が2回、2代目が1回、ワールドカーデザインオブザイヤーに初代が1回で、ワールドカーアワードの歴史のなかでもこれだけの複数回受賞は数少ない。

Audi R8 is the “2016 World Performance Car”

また、ワールドパフォーマンスカーの受賞は、2007年の「RS4」、2008年のR8、2010年のR8 V10に続いて4回目となる。ちなみに、2005年にはアウディA6がワールドカーオブザイヤーに輝いている。

R8のブランドイメージを強く表現するモデルであると同時に、Audi Sportのフラッグシップカーでもある。第1世代のR8はアウディがプレミアムブランドになるための道を切り拓き、新型R8はこのサクセスストーリーを継続し、Audi Sportの成長戦略をさらに加速させる役割を担っている」と、アウディのセールス&マーケティング担当取締役ディートマル フォッゲンライター氏は語っている。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

アウディ・アーカイブ
アウディR8の中古車情報はこちら
アウディ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる