Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ブリヂストン 2016年モータースポーツ活動計画発表 

2016年3月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN2071

2016年3月17日、ブリヂストンは、2016年のモータースポーツ活動計画を発表した。参加型モータースポーツからトップカテゴリーレースまで、多くのチーム、ドライバー、ライダーを支援する計画だが、特にスーパーGTでのリベンジと、ニュルブルクリンク24時間レースでトヨタGAZOO Racingにタイヤ供給すると同時にタイヤ・エンジニア育成の場としても位置付けていることが注目される。

DSCN2021

消費財グローバルマーケティング戦略・モータースポーツ担当執行役員・ 東正浩氏

タイヤ製品開発・モータースポーツ技術担当執行役員・市川良彦氏

タイヤ製品開発・モータースポーツ技術担当執行役員・市川良彦氏


ブリヂストンはモータースポーツ活動を通じて「より良いタイヤづくり」を追求するとともに、カーメーカー、バイクメーカーと共に「楽しいクルマ・バイク社会づくり」に取り組むことをコンセプトとし、国内ではスーパーGT、2輪レースの鈴鹿8時間耐久ロードレース、全日本ロードレースといったトップカテゴリーレースを中心に力を注ぐという。

DSCN2039特にスーパーGT選手権はチャンピオン奪回を目指し、新たなタイヤ構造や材料を投入してリベンジを図るという。

また、クルマ好きを増やす活動としてGAZOO Racing 86/BRZレース、ロードスター・パーティレースⅢ、ジムカーナをはじめとした参加型モータースポーツもサポートする。

DSCN2044

スーパーGT選手権のチャンピオン奪回を目指し、新技術を投入したタイヤを開発する

左から山本尚貴S・GT、大島和也(ニュルメイン)、中須賀克行(全日本ロード)

左からスーパーGTの山本尚貴選手、ニュルブルクリンク24時間に参戦する大島和也選手、全日本ロードレースの中須賀克行選手


さらにニュルブルクリンク24時間レースに参戦するトヨタGAZOO Racingの車両にタイヤを供給し、開催地では観客向けにコミュニケーションブースを出展する予定だ。ブリヂストンとしてはGAZOO Racingとともにタイヤ・エンジニアの育成の場としても位置付けているのが注目される。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

ブリヂストン アーカイブ
ブリヂストン公式サイト
ブリヂストン・モータースポーツ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる