情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ インドネシアの新エンジン工場が生産開始

2016年3月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開所式でのスナップ。インドネシアでは国民の多くをイスラム教徒が占める

開所式でのスナップ。インドネシアでは国民の多くをイスラム教徒が占める

トヨタ自動車は2016年3月7日、インドネシアにおける車両生産会社である「PT.Toyota Motor Manufacturing Indonesia(以下TMMIN)」が新たにエンジン工場を建設し、2016年2月に生産を開始したことを明らかにした。同工場は西ジャワ州カラワン市に位置し、生産能力は年産21万6000基。排気量1.3Lおよび1.5LのNR系エンジンを生産し、一部は輸出するとのことだ。なお投資額は約2兆3000億ルピア(約205億円)で、新規雇用は約400名。

トヨタは「持続的に成長し続ける企業」を目指して、従来の「量を求めた工場づくり」から発想を大きく転換し、「競争力のある新しい工場づくり」に取り組んでいる。本工場においても「シンプル&スリム」や「フレキシブル」をキーワードに、日本の工場でも導入を進めている革新的生産技術を織り込むと同時に、より安全で環境に優しい工場づくりを追求。

その結果、トヨタとして初めてエンジン工場の主要工程(鋳造・機械加工・組み付け)をひとつの建屋に集約し、コンパクトで需要変動に強い工場が完成したとしている。

カラワン新エンジン工場の内部

カラワン新エンジン工場の内部

従来の鋳造工程は大型の設備と広範な作業スペースを必要とし、工程で生じるヤニやチリ、熱などが、後工程(機械加工・組み付け)へ悪影響を及ぼすため、鋳造工程とそれ以外の工程を別々の建屋に設置していた。今回、設備の小型化と作業工程の削減、ヤニやチリなどが後工程に及ぼす影響の最小化を進めた結果、これらの工程をひとつの建屋に集約できた。これらにより、工場設備の初期投資部分について、2008年と比較して約40%低減を達成。さらに中間在庫をもたないエンジン生産体制も実現した。

なお、同工場の開所式を現地時間の3月7日に実施。開所式にはインドネシア共和国のサレ・フシン工業大臣をはじめとした政府関係者や現地販売店、サプライヤーなど多数の来賓を招聘。トヨタ自動車からは嵯峨宏英専務役員、TMMINの野波社長らが出席した。

挨拶する嵯峨宏英専務役員。モータースポーツの担当でもあり、レーシングドライバーの嵯峨宏紀選手の父親でもある

挨拶する嵯峨宏英専務役員。モータースポーツの担当でもあり、レーシングドライバーの嵯峨宏紀選手の父親でもある

嵯峨専務は「画期的な生産技術が導入された新エンジン工場の開所に立ち会えたことを、嬉しく思います。トヨタはTMMINを、車両のみならずエンジンの生産・供給拠点としても位置付けており、自動車事業を通じてインドネシアのさらなる発展に貢献していきたい」と挨拶した。

カラワン新エンジン工場に導入した、主な生産技術は下記の通りだ。
TOYOTA_INDONESIA_FACTORY_04TOYOTA_INDONESIA_FACTORY_05

AutoProve 有料メルマガ2/5(金)配信開始決定!

トヨタ・アーカイブ
トヨタ・中古車情報
トヨタ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる