情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】どうしたのボルボ! 恋愛ステップアップ?「ボルボ XC90」@吉田由美

2016年3月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田由美のピンポイント&チャームポイント VOL55

新型XC90でボルボのイメージが変わっちゃった

新型XC90でボルボのイメージが変わっちゃった

LEDの進化でクルマのヘッドライトは、どんどんバラエティに富んだデザインになっています。また、衝突安全の観点に加えて、フロントグリルの奥にカメラなどが装備されているせいもあるのでしょうか、ボンネットがどんどん厚みを増しています。これらは、今の自動車デザインのトレンドと言っていいのかも。

そのことによって……かどうかわかりませんが、私の中で今までのイメージが大きく変わったクルマがあります。それが新型「ボルボ XC90」。ボルボのフラッグシップSUVです。

10年以上も生産された初代からフルモデルチェンジ。日本導入は2016年1月から

10年以上も生産された初代からフルモデルチェンジ。日本導入は2016年1月から

ボルボといえば、北欧デザインやぬくもりのあるインテリア、そして「安全」ということにこだわっている自動車メーカー。乗員の安全のためにシートベルトなどにもいち早く注目し、導入は1959年から。新型XC90のシートベルトのバックルにはその年号の刻印が刻まれています。

そんなこともあり、なんとなくボルボに乗っている人は“優しそう”、“よい人そう”、“家族を大事にしていそう”、“旦那さまから愛されていそう”などと、勝手に妄想してしまいます。

どうですか、この迫力のある顔!

どうですか、この迫力のある顔!

しかし、新型XC90のド迫力顔を見て、違和感というか、イメージが変わりました。それほどの強力なインパクト顔!(笑) フロントのグリルは厚くなり、ポジションライトは北欧神話に出てくる「ハンマー」をモチーフにしたとかで、横向きのT字という感じ。クジラというか、トラックみたいというか、走り出したら「ゴーッ」と音が聞こえてきそうなほど迫力があります。

ポジションランプのデザインが特徴的

ポジションランプのデザインが特徴的

厚みのあるグリルがクジラみたい!?

厚みのあるグリルがクジラみたい!?

フラッグシップモデルなので、これぐらいインパクトがあってもいいのかも。だいたい、「いい人なんだけど……」っていう場合は、それ以上の恋愛関係になりにくい! そう、“いい人”で終わるありがちなパターン。「“いい人”は“どうでもいい人”」と笑い話にされますが、まさに決め手に欠けるということもあります。今回の新型XC90は、「コワオモテだけどいい人」というギャップを狙ったのかも!?

コワモテの見た目と包み込んでくれる優しさのギャップにキュン

コワモテの見た目と包み込んでくれる優しさのギャップにキュン

ちなみに、個人的にはハイブリッドモデル限定のクリスタルのシフトレバーもお気に入り。これで車内の華やかさが倍増です! 早く日本にも導入されないかな? 乗りたいな。

タブレットサイズの大型タッチスクリーン式センターディスプレイが目を引きます

タブレットサイズの大型タッチスクリーン式センターディスプレイが目を引きます

アクセサリーのようなデザインのスイッチがオシャレです

アクセサリーのようなデザインのスイッチがオシャレです

今回の試乗はガソリンモデル。ハイブリッドにも早く乗りたい!

今回の試乗はガソリンモデル。ハイブリッドにも早く乗りたい!

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

吉田由美コラム・アーカイブ
ボルボ・アーカイブ
ボルボXC90の中古車情報はこちら
ボルボ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる