情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アバルト 124スパイダーがジュネーブで登場。日本導入は今年中!?

2016年3月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Abarth124_07

FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)は、ジュネーブモーターショーで、アバルトブランドから新型「アバルト124スパイダー」をワールドプレミアした。

Abarth124_01

アバルトマジックがかけられたエンジンは、1.4L直列4気筒マルチエアターボを搭載。そのスペックは、最高出力170ps、最大トルク250Nmで、ベースのフィアット124スパイダーよりも30ps、10Nmもアップしている。じつに1リッターあたり124psにも達するパワフルさで、0-100km/h加速は6.8秒、最高速は230km/hを記録する。

Abarth124_02

組み合わされるトランスミッションは、6速MTとシーケンシャルスポーティボATで、このエンジンパワーを最大限に活かす。加えて、このパフォーマンスをさらに高揚させるアイテムも採用。アバルト124スパイダーには、機械式LSD(リミテッドスリップデファレンシャル)や、美しいサウンドを奏でるレコードモンツァエグゾーストが標準装備される。

また、軽量化と重量バランスもアバルト124スパイダーの特徴。エンジンをフロントミッドに搭載し、特殊材を使用することでボディの軽量化を図ったことで、車両重量はわずか1060kgを達成するとともに、前後重量バランスは50:50を実現。パワー・ウエイト・レシオは6.2kg/psに達する。

Abarth124_04Abarth124_05

Abarth124_03Abarth124_06

今回のジュネーブショーでは、往年のWRカーをモチーフにしたアバルトカラーのワークスラリー仕様もお披露目。アバルトはこのマシンで、2017年からのWRC参戦を計画しているという。

Abarth124_08Abarth124_09

なお、アバルト124スパイダーは2016年9月からヨーロッパ全土で販売を開始する予定で、価格は4万ユーロから。日本導入は2016年内を目指しているという。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

フィアット・アーカイブ
アバルトの中古車情報はこちら
アバルト公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる