Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル 次期XVのデザインコンセプトをワールドプレミア

2016年3月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

XV_01

富士重工業は、開幕したジュネーブモーターショーで「SUBARU XV CONCEPT」を世界初公開した。SUBARU XV CONCEPTは、スバルの次世代デザインフィロソフィー「DYNAMIC X SOLID」をコンパクトクロスオーバーモデルとして表現したデザインコンセプトカーで、次期SUBARU XVのデザインの方向性を示す重要なモデルとなる。

XV_02

全体的なデザインは、フロントからサイド、リヤをダイナミックかつソリッドな面構成でつなげ、スバルデザインの特徴でもある立体的で塊感のあるボディを構築。この凝縮感あるボディに躍動感あふれるキャラクターラインを配しているのが特徴だ。

コンセプトカーのボディカラーには、氷河を想起させるブルーグレーを基調とした専用色グレイシャーカーキ・シリカを採用。また、フロントバンパーからホイールアーチ、サイドシル、リヤバンパーへとつながるようにマットブラックのクラッディングを装着。フロントグリルや前後バンパー、ルーフレールなどにはオレンジのアクセントが入れられている。

ディテールを見ていくと、フロントは「ワイド&ロー」を強調したデザインを採用し、スポーティな印象を与える。また、ヘキサゴングリルからボクサーエンジンをモチーフにしたホークアイヘッドランプまでを一体感のある立体的なデザインとしている。

サイドは、フロントフェンダーからドアパネル・リヤショルダーまでをつなぐ、抑揚豊かなキャラクターラインと、リヤに向けて跳ね上がるドアパネル下部のキャラクターラインが特徴。力強く張り出すフェンダーフレアは、スバルのAWDがもたらす安心感を表現しているという。

リヤまわりは、サイドから連続してリヤまで突き抜ける力強いショルダーをはじめ、ヘッドランプと共通のモチーフを持つリヤコンビネーションランプなどにより、フロント同様の「ワイド&ロー」スタンスを表現。その一方、キャビンを絞り込むことで、軽快なクロスオーバースタイルにスポーティなイメージを加えている。

公表されているボディサイズは、全長4520×全幅1920×全高1570mm、ホイールベース2670mmで、現行モデルよりも大型化している。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

スバル・アーカイブ
スバルの中古車情報はこちら
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる