情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディ Qファミリー最小のQ2がデビュー

2016年3月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Audi Q2

ジュネーブモーターショーでワールドプレミアした新型Q2

アウディは、開幕したジュネーブモーターショーで、ブランニューモデルとなる「Q2」を発表した。Q2は、同社のQシリーズで最もコンパクトなモデルであり、これによりアウディは、新たなセグメントのマーケットに参入することとなる。

Audi Q2

Audi Q2

Q2の特徴は、なんといってもコンパクトなボディサイズ。そのモデル名どおりQ3よりも小さなモデルで、サイズは全長4191×全幅1794×全高1508mm、ホイールベース2595mm。このコンパクトなボディに、アウディのQファミリーらしいデザインが凝縮される。

Static photo,  Colour: Tango Red

2つの大きな力強い曲線で区切られたエアインレットが特徴

Audi Q2

エッジの効いたキャラクターラインは新たなデザイン手法

Audi Q2

テールランプにはオプションでLEDを設定する

高い位置に配置されたフロントのシングルフレームグリルや、強調されたホイールアーチ、リヤのアンダーボディプロテクション風のディフューザーが、SUVらしい力強さを演出。また、ボディサイドではCピラーのカラーオフセットブレードが特徴的で、この部分はユーザーの好みに応じてカスタマイズできるという。

一方、インテリアもアウディらしく、質感が高く精悍なデザインでまとめられている。ラゲッジスペースは通常405L、最大1050Lの容量が確保され、オプションでパワーテールゲートも用意されるという。また、加飾パネルやトリム、シートなどをカスタマイズできるメニューも用意されるようだ。

Audi Q2

多彩なオプションでカスタマイズが可能なコクピットまわり

搭載するエンジンは、ガソリンが3タイプ、ディーゼルが3タイプの計6タイプを用意。ガソリンエンジンのTFSIは、1.0L直列3気筒(116ps)の1.0TFSI、気筒休止システム(シリンダー・オン・デマンド)を備える1.4L直列4気筒(150ps)の1.4TFSI、新燃焼方式を採用する2.0L直列4気筒(190ps)の2.0TFSI。一方、ディーゼルエンジンは116psの1.6L(1.6TDI)と、150psおよび190psの2.0L(2.0TDI)となる。

Audi Q2

エンジンはガソリンTFSIが3種、ディーゼルTDIが3種

トランスミッションは、6速MTと7速Sトロニック。デュアルクラッチトランスミッションのSトロニックは新開発で、ギヤレシオがよりワイドな設定となり、新オイル供給システムと内部フリクションの最適化により、高い伝達効率を実現する。

駆動方式はFFとフルタイム4WDのクワトロを用意。2.0TFSIと190ps仕様の2.0TDIはクワトロのみ、1.4TFSIと150ps仕様の2.0TDIはクワトロの選択も可能、1.0TFSIと1.6TDIはFFというラインアップだ。また、このクワトロシステムに加え、トルクベクタリングシステムや「Offroad」モードを備えたESC、20cmの最低地上高により、Q2は高い悪路走破性も備えている。

Audi Q2

Q2のドライブトレーン

Q2には最新の安全装備も搭載。自動ブレーキを備えたアウディプレセンスフロントを標準装備するほか、低速時にアクセルおよびステアリング操作をサポートするトラフィックアジャスト付きのアダプティブクルーズコントロール、車両の左右後方をモニタリングするアウディサイドアシストなど、先進安全機能をオプション設定する。このほか、話題のアウディバーチャルコックピットも採用される。

Audi Q2

トラフィックジャムアシストの動作イメージ

なお、Q2は2016年秋からヨーロッパで販売を開始する予定で、日本導入時期に関しては、今のところアナウンスされていない。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

アウディ・アーカイブ
アウディの中古車情報はこちら
アウディ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる