Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ ジュネーブで911Rをワールドプレミア

2016年3月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

911R_01

ついに謎に包まれていたスポーツカーがベールを脱いだ。

ポルシェは、3月1日に開幕したジュネーブモーターショー2016で、ピュアスポーツカーの新型「911R」をワールドプレミアした。

Racing(レーシング)を示す「R」が与えられた911Rの歴史は古く、1967年にまでさかのぼる。その年にデビューした初代は、ホモロゲーションモデルとして限定生産され、タルガ・フローリオやラリー、スピードトライアルなどで活躍した。

その伝統と遺伝子を継承したのが新型911R。ボンネットやフェンダーにはカーボンを、ルーフにはマグネシウムを使用するほか、リヤウインドウは軽量プラスチック製となり、後席のレス化やエアコンのオプション化などにより、徹底的な軽量化が図られている。これにより、車両重量はGT3 RSを50kgも下回る1370kgにまで切り詰められ、最軽量の911モデルとなった。

リヤに搭載する水平対向6気筒エンジンは、GT3 RSと同じ4.0L自然吸気。このエンジンは最高出力500ps、最大トルク460Nmを発生し、軽量な911Rを0-100km/hを3.8秒で加速させ、最高速は323km/hに達する。その一方で、走行距離100kmあたりの燃料消費量は13.3L(7.5km/L)という燃費性能も記録する。組み合わされるトランスミッションは6速MTのみとなる。

このほか、リヤアクスルステアやポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)の制御システムは専用チューニングを実施。また、トラクション性能を最大限に引き出す機械式のリヤディファレンシャルロック、センターロック機構を備える20インチ軽量アルミホイール、ハイグリップタイヤなど、911Rのパフォーマンスを一段と高める装備を多数採用する。

911R_02

911R_03

これほどまでにハイパフォーマンスに仕様ながら、エクステリアは控えめな印象。GT3 RSのような大型の固定式リヤスポイラーもない。しかし、フロントノーズやリヤボディはGT3譲りで、911R専用のリヤアンダーボディディフューザーも装備する。また、ボディに引かれた特徴的なストライプは、初代モデルをモチーフにしたものだ。

インテリアは、運転席にカーボン製のフルバケットシートを採用。このシートは“ペピータ”タータンデザインのファブリック素材で、初代をオマージュしている。また、直径360mmのGTステアリングは911R専用デザインとなるほか、シリアルナンバー入りプレートが装備される。

911R_06

911R_07

この911Rは、わずか991台の限定生産。ポルシェ・ジャパンは、2016年3月2日から予約受注を開始する。

■価格
911R:2629万円

911R_04

911R_05

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

ポルシェ・アーカイブ
ポルシェ911の中古車情報はこちら
ポルシェ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる