情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル マレーシアでフォレスターの現地生産を開始しASEANで販売を伸ばす!

2016年2月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アセアン地域の拡販に向けてマレーシアでKD生産が開始されたフォレスター

アセアン地域の拡販に向けてマレーシアでKD生産が開始されたフォレスター

富士重工業は、マレーシアでフォレスターのKD生産(現地組立生産)を開始することを発表し、2016年2月26日にラインオフした。

今回、フォレスターをKD生産するのは、シンガポールに本社を置くタンチョン・グループのマレーシア工場。同工場でスバル車がKD生産されるのは、スバルXVに続いて2車種目となる。

この工場でのフォレスターのKD生産は、年間1万台規模を計画。2016年春からタンチョン・グループの販売網を通じてマレーシア国内やタイ、インドネシアで販売予定となっている。

ラインオフ式典には富士重工業の近藤潤代表取締役副社長も出席

ラインオフ式典には富士重工業の近藤潤代表取締役副社長も出席

今回のラインオフに際して、富士重工業副社長の近藤潤氏は、「スバルのASEAN地域におけるさらなる拡販に向けて、今後もタンチョン・グループとともに協力し発展させていく」とコメントしている。

同社は、2014年5月に発表した中期経営ビジョン「際立とう2020」で、強い事業構造を創る取り組みのひとつとして、東南アジア地域での強固な事業基盤の構築を掲げた。今回のKD生産はその一環で、成長著しいASEAN地域でスバルの「安心と愉しさ」を提案し、拡販を目指していくという。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

スバル・アーカイブ
スバルの中古車情報はこちら
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる