情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ルノー ルーテシアのドライバビリティを改良し、限定車もリリース

2016年2月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ルノー・ジャポンは2016年2月25日、主力モデルのひとつである「ルノー ルーテシア インテンス/ゼン」をマイナーチェンジして、同日より発売を開始した。またインテンスをベースに、パリのモードをアイコンとして取り入れた特別仕様車「ルノー ルーテシア アイコニック」を30台限定でリリースした。

ルノー ルーテシアは、6つのライフステージをひとつのサイクルと考えるデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」の最初のステージに沿うモデルで、「LOVE」をテーマとする情熱的なデザインが特徴だ。今回マイナーチェンジされたのは、1.2L直噴ターボを搭載するインテンスとゼンの2グレード。エンジンとトランスミッション、インテリアデザイン(インテンスのみ)に改良を受けて、より運転しやすく、デザインが際立つモデルとなった。

エンジンはパワー(118ps→120ps)、トルク(190Nm→205Nm)が向上し、6速エフィシエント・デュアルクラッチのトランスミッションのギヤ比もよりワイドに変更された。このため街中からロングドライブまで、より運転しやすい特性となった。またストップ&スタート(アイドリングストップ)機能も新たに搭載されて、燃費性能も向上している。
LUTECIA_MC_02LUTECIA_MC_03LUTECIA_MC_04
またインテンスのシートは、両サイドにインテリアカラーに対応したラインが入るデザインへと変更され、ダッシュボードやドアインナーパネルのカラーと調和した、一体感のあるインテリアデザインとなった。ステアリングホイールもGTグレードと同形状のスポーティなタイプへと変更。さらにオーディオなどを操作するセンターコンソールパネルに「ドライビングEco2機能」が追加された。これは、走行レポート/Ecoスコアリング/Ecoコーチングの3機能により、環境にやさしい運転をサポートする。
Template Renault's Press release


特別仕様車の「ルノー ルーテシア アイコニック」は、パリのモードを象徴するクチュール(フランス語で「高級仕立て」の意味)の縫製をイメージしたデザインはエレガントで洗練された雰囲気を感じさせる限定車だ。

ルーフとドアミラーには、パリのモードを象徴するクチュールの縫製をイメージしたデザインのデカールを配置。室内においては、シートヒーター付きの専用レザーシートと専用デザインのエアコンベゼル、ドアトリムフィニッシャーがインテリアの洗練された印象を高めている。さらにレザーシートに施された白のステッチが、ルーフとドアミラーのデザイン同様に、クチュールのエレガントさを感じさせる。


RENAULT CLIO IV 5-DOOR HATCHBACK (B98) - PHASE 1 - ICONIC LIMITED EDITIONRENAULT CLIO IV 5-DOOR HATCHBACK (B98) - PHASE 1 - ICONIC LIMITED EDITION

このほか、専用のICONICエンブレム、RENAULTロゴ入りのキッキングプレート、ボディ同色のサイドプロテクションモールが装備される。
Template Renault's Press release

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

ルノー・アーカイブ
ルノー・ルーテシア中古車情報
ルノー・ジャポン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる