情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】クルマの好感度、赤丸急上昇!「スズキ・イグニス」@吉田由美

2016年2月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田由美のピンポイント&チャームポイントVOL54

私のなかで赤丸急上昇中のイグニスです

私のなかで赤丸急上昇中のイグニスです

新年早々、タレントのベッキーさんがミュージシャンの「ゲスの極みの乙女」の川谷絵音さんとの不倫が明るみなり、契約していたCMやレギュラー番組をすべて降板するという大スキャンダルとなりました。

それまで好感度が高かったせいか、それがむしろ反動となり、想像を絶する事態に。しかし一方、お相手の川谷さんへの影響は、ベッキーさんに比べるとそう大きくはなかったようです。アーティストは人物というよりも、その人が作る音楽や作品につくファンが多いせいでしょうか。

芸人さんとアーティストの方は、スキャンダルに強いな~と実感した今日この頃。タレントさんがいかにイメージ商品なのかが伺えます。

クルマにもそれは言えるような気がします。

クルマもある意味イメージ商品。ブランドイメージや各方面の評判は、高いことにこしたことがありません。まあ、それはもちろんクルマだけに限りませんが。

そしてここ最近、私の周辺でなかなか高評価なのが「スズキ・イグニス」。

コンパクトなクロスオーバーSUVのイグニス

コンパクトなクロスオーバーSUVのイグニス

ハスラーのような快進撃を見せるのかしら!?

ハスラーのような快進撃を見せるのかしら!?

可愛いけど可愛すぎず、やんちゃな雰囲気などが盛り込まれたスズキの新型コンパクトクロスオーバー。スズキは数年前に軽自動車のクロスオーバーSUV「ハスラー」が大ヒットし、今度はコンパクトカーでも同じようにクロスオーバーSUVを送り込んできました。

しかも、ハスラーとは全く違うタイプで。

「イグニス」には歴代のスズキ車のいいところをデザインに盛り込んで、懐かしさと新しさがブレンドされています。もちろん燃費だってマイルドハイブリッドを導入して28.8km/L。「ぶつからない車」の機能、自動ブレーキなどを備えた安全装備「デュアルカメラブレーキサポ―ト」も搭載。

新しさと懐かしさがブレンドしたデザインもキュート

新しさと懐かしさがブレンドしたデザインもキュート

そして、私が注目したのがこれらをしっかり捉えるカメラ……ではなく、その手前にある「S」のエンブレム。カメラはこのフロント正面の「S」のエンブレムの奥にありますが、そのお陰で「S」マークはかなり前に飛び出しています。

通常、エンブレムを大きくしてその奥にカメラが搭載されることが多いのですが、イグニスの場合は「S」の大きさはそのままで、「S」の下からカメラが覗く形に。お陰でスズキの「S」はスーパーマンのマーク並みの存在感。開発の方に伺うと、不本意ながら法規上こうせざるを得なかったとのこと。

スーパーマン並みの存在感の「S」マーク。カメラがここに付いてます

スーパーマン並みの存在感の「S」マーク。カメラがここに付いてます

…でも、おそらくこんな割り切りのよさが、クルマ好感度の高い秘密なのではないでしょうか…。私も好感度上げたい…(笑)。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

おすすめ有料配信記事
注目!スズキ 新型イグニスに何があった? このクオリティの高さをチェック
プリウス試乗レポート2/5号VOL1 大幅に改善されたドライバビリティだが、上質感に課題あり
スズキ・アーカイブ
スズキの中古車情報はこちら
スズキ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる