情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ 2016年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画を発表

2016年2月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
et150213005H

2016年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画を発表したホンダ

ホンダは2016年2月12日に、2016年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画について、以下の通り発表した。

et150213033H

【四輪モータースポーツ活動】
2015年に続き、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権に、「マクラーレン・ホンダ」のパワーユニットサプライヤーとして参戦。フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンの2名体制で戦う。

FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)では、1.6L直噴ターボエンジンを搭載した「シビック WTCC」の投入を継続。ワークスチームである「カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チーム」に、2012年チャンピオンのロブ・ハフが加入。ティアゴ・モンテイロ、ノルベルト・ミケリスとともに3名のドライバー体制で参戦する。

SUPER GTシリーズGT500クラスでは、前年同様5チーム5台体制で参戦。「NSX CONCEPT‐GT」のパワートレーンコンセプトを見直し、ハイブリッドシステムを非搭載とした2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンでタイトル獲得を目指す。

全日本スーパーフォーミュラ選手権では、熱効率を高めた2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン「HR-414E」の供給を継続。新たにマクラーレン・ホンダのリザーブドライバーであるストフェル・バンドーンが「ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング」に加入し、5チーム8台体制でドライバーとチームのダブルタイトル獲得を目指す。

北米のインディカー・シリーズでは、伝統の「インディ500」が2016年で開催100回目を迎える中、アメリカン・ホンダモーターの子会社であるホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)が、6チーム11台に2.2L V6ツインターボエンジン「HI16TT」を供給する。

また参戦7年目のシーズンを迎える佐藤琢磨が、前年同様「エー・ジェイ・フォイト・レーシング」より参戦する。

四輪参戦体制概要は以下の通り。

ホンダ4輪-1
ホンダ4輪-2
ホンダ4輪-3

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

ホンダ アーカイブ
ホンダ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる