情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

日立オートモーティブ 茨城県の公道で自動走行システムの走行実証試験

2016年2月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立オートモーティブ

2016年2月9日、日立オートモティブシステムズは、以前から自動運転に向けた開発を行なっているが、このほど茨城県ひたちなか市の常陸那珂有料道路で、日立グループのクラリオンと共同で開発した自動走行システムの走行実証試験を行なうと発表した。

この走行実証試験は、日立オートモティブシステムズとして初の公道での自動走行システムの走行実証試験となるが、茨城県がロボットの実用化などに取り組む事業者を支援する「いばらき近未来技術実証推進事業(ロボット実証試験)」の一環として茨城県の支援のもとに実施する。実施期間は2月22日~26日が予定されている。

今回の高速道路における走行実証試験では、走行車両の周囲360度を検知する複数のセンサーを組合わせたセンサーフュージョンと、高精度地図から得られる道路環境・地形情報を組み合わせ、実験車が周辺の車両や車線を認識しながら先導車や車線を追従する自動走行、車線変更を行なうという。さらに、天候や時刻、日照状況などの複数の異なる条件下で実証試験データを収集する計画だ。なお今回の高速道路における走行は自動運転レベル2に相当する。

クラリオンニュースリリース_添付画像_1

2016.02.09_クラリオンニュースリリース_添付画像_2

センサーフュージョンは、前方の状況を両眼で捕らえるステレオカメラ、車両の前方と後方、左右の両側方に搭載した4つの単眼カメラからなるクラリオンの「サラウンドアイ」、左右の前側方と後側方に搭載した4個のミリ波レーダーで構成され、実験車両が全方位をシームレスに検知できるセンシングシステムとしている。

ステレオカメラ

前方の物体の測距、物体形状認識を行うステレオカメラ

その全方位センシング情報に高精度地図情報を融合した周辺情報をベースに、実験車がエンジン、ステアリング、ブレーキによる加速、操舵、制動を電子コントロールユニットで自動的に統合制御して走行する。

 

いばらき近未来技術実証推進事業
日立オートモーティブシステムズ公式サイト
クラリオン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる