情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

BMW 3シリーズのプラグイン・ハイブリッド・モデル「BMW 330e」発表

2016年1月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BMWjapan ペーター・クロンシュナーブル社長

BMW Japanのペーター・クロンシュナーブル社長と330e

BMWは2016年1月26日、中核モデルである3シリーズのプラグイン・ハイブリッド・モデル「BMW 330e」を、全国の正規ディーラーで同日より注文の受付を開始すると発表した。納車は、2016年3月からを予定している。

今回発表の330eは、3シリーズの持つスポーティなキャラクターに、持続可能な次世代モビリティを提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」に最初に採用された電動化技術「eDrive(イードライブ)」を量産モデルに組み合わせたプラグイン・ハイブリッド・モデルである。車名の330eは、3シリーズ/3.0Lエンジン並みの動力性能/電動駆動(e)を意味している。

BMW 330e

BMW 330eBMW 330e

搭載システムは、4気筒・2.0Lのガソリンエンジンに、8速ATトランスミッション内蔵の88ps/250Nmのモーターを組み合わせ、バッテリーはトランクルーム床下に、容量7.7kWhのリチウムイオン・バッテリーを搭載している。

P90169260_highRes_bmw-330e-drive-trainP90169262_highRes_bmw-330e-drive-train

このシステムの総合出力は252ps、最大トルク420Nmで、0-100km/h加速はベースモデルの320iや320dより1秒以上速い6.1秒という動力性能を備え、エコ対応モデルであると同時にダイナミック性能の高さをアピールしている。

なおバッテリーの電力を使用しモーターのみでの走行の場合(「MAX eDrive」モード走行)、最高速120km/h、最長距離36.8km(JC08モード)までゼロ・エミッション走行ができる。

ハイブリッドシステムでの走行モードは、ハイブリッド自動制御モードのAUTO eDrive、EV走行用のMAX eDrive、バッテリー充電レベルを維持するSAVE Batteryの3種類に加え、強制チャージモードも備えている。またモデル同様にドライビング・パフォーマンス・コントロール・ボタンにより、エンジンのレスポンス、ステアリングやトランスミッションの特性を、好みに応じて設定できる「COMFORT」、「SPORT」、「ECO PRO」の各モードに選択できる。

330eは標準モデル、Sport、Luxury、M Sportの4グレードが設定されているが、500万円台に収める戦略的な価格設定となっている。

price

BMW アーカイブ
BMW 3シリーズアーカイブ
BMW 3シリーズ中古車情報
BMW公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる