Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ スタイリッシュなコンパクト・クロスオーバー「イグニス」は128万円で登場

2016年1月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ 新型イグニス

イグニス・ハイブリッド MZ 4WD(ヘリオスゴールド・パールメタリック)。なお車両は撮影車のため、一部市販仕様と異なっている

2016年1月21日、スズキはAセグメントのコンパクト・クロスオーバー、「イグニス」を発表し、2月28日から発売する。新型イグニスは、スズキにとってはグローバル戦略車と位置付けられているが、世界市場に先駆けてまず最初に日本で発売されることになった。

◆ポジショニング

新型イグニスは、アクティブなライフスタイルに適合させ、ラフロードや雪道も安心して走ることのできる、ダウンサイザーのためのコンパクトサイズのクロスオーバーだ。印象的でオーナーが愛着を持てるスタイリングを重視した新世代のクロスオーバーだ。

開発コンセプトはそのものズバリの「使い勝手のよいスタイリッシュなコンパクト・クロスオーバー」。

スズキ 新型イグニススズキ 新型イグニス リヤ開口部説明

ボディサイズは全長3700mm、全幅1660mm、全高1595mm、ホイールベース2435mmで、最小回転半径は4.7m。Aセグメントのコンパクト・クロスオーバーは国産では初めてで、スズキのグローバル戦略車として、今後は海外市場にも展開される計画だ。

なおこのイグニスのプラットフォームはスズキの新世代Aプラットフォームが採用されているが、最初にこのプラットフォームを採用したソリオよりホイールベースが35mm短くされている。

スズキ 新型イグニス

市街地でも扱いやすいボディサイズで取り回しや使い勝手も重視したパッケージで、クロスオーバーらしく高めのドライビングポジション、大径タイヤを採用している。パワートレーンはデュアルジェット・エンジン+マイルドハイブリッドにより低燃費性能を実現。さらにラフロードや雪道でも安心の4WDを設定している。

スズキ 新型イグニススズキ 新型イグニス

コンパクトサイズではあるが、フレキシブルで使いやすいラゲージスペースを実現し、さらに装備ではステレオカメラによる先進安全技術やApple CarPlay対応のインフォテイメントシステムなどを採用している。

◆デザイン

デザインのテーマは、エクステリア、インテリアともに「シンプル・アイコニック、シンプル・スタンダード」とされ、コンパクトカーらしい引き締まったシャープなアッパーボディとロワのボリューム感のある面構成により存在感のあるプロポーションとなっている。またデザインのディテールには、往年のフロンテ・クーペ、セルボ、エスクードなどのデザイン要素を現代風にアレンジして盛り込み、スズキのデザインDNAを受け継いだクルマであることが一目でわかる造形となっている。

スズキ 新型イグニススズキ 新型イグニス

ボディカラーはフレイムオレンジ・パールメタリック、ネオンブルーメタリック、ヘリオスゴールド・パールメタリックという3種の新色など合計8色を設定し、オレンジ色のアクセント、チタンカラーのアクセントと2種類のインテリアを設定している。

スズキ 新型イグニス

スズキ 新型イグニススズキ 新型イグニススズキ 新型イグニス

キャビンのパッケージングは、フロントシートのヒップポイントを615mm、リヤを680mm(ハイブリッドは650mm)とし、見晴らしがよく乗り降りしやすいセミコマンド・ポジションにしている。またクロスオーバーらしく最低地上高は180mm、アプローチアングル20度、デパーチャーアングルは38.3度(2WDは38.8度)と悪路や雪道でも安心できる余裕を与えている。次にインテリアを見てみよう。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる