Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

BMW 新型X1 xDrive20i xLine試乗レポート プラットフォームを一新し、居住性、使い勝手が大幅に向上

2016年1月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW 新型X1 xDrive20i xLine試乗

新型X1 xDrive20i xLine

AutoProve 有料メルマガ2/5(金)配信開始決定!

BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)、つまりSUVのエントリーモデルとなるX1は2015年10月にフルモデルチェンジした 。これまでのE84型からF48型に生まれ変わった。F48型は2015年のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアを行ない、間髪を入れず日本にも導入された。<レポート:松本 晴比古/Haruhiko Matsumoto>

X1は従来は1シリーズと共通のFRベースであったが、新型X1はUKL(FFモジュール)プラットフォームを採用し横置きエンジンのFFベースになったことが大きな変更点である。つまり、2シリーズと共通の車系に生まれ変わったわけである。

従来型のX1には「sDrive」と呼ばれるFRモデルと「xDrive」名称の4WDモデルがあったが、新型も同様で、FF駆動のsDriveと4WDのxDriveがラインアップされている。従来型は全長4485mm、全幅1800mm、全高1575mm、ホイールベース2760mmであったが、新型は全長4455mm、全幅1820mm、全高1610mm、ホイールベース2670mmで、ホイールベースは短縮され、全長は-30mm、全高は+35mmとなっている。

BMW 新型X1 xDrive20i xLine試乗

従来型よりキャビンフォワードとなっているが、ノーズ部分はデザイン的に強調

FFパッケージングにより全長方向は短縮し、全高を高め、結果的には従来型よりリヤ席の膝スペースが大幅に拡大されている。つまり乗員はよりアップライトなポジションに着座することでキャビン、ラゲッジのボリュームを稼ぎ出しているのだ。もちろんSUVなのだから、アップライトなドライビングポジションとなっても不自然ではない。

BMW 新型X1 xDrive20i xLine試乗BMW 新型X1 xDrive20i xLine試乗

新型X1のラインアップは、1.5L・3気筒直噴ターボエンジンを搭載するsDrive18i、2.0L・4気筒直噴ターボエンジンを搭載するxDrive20i、同じ2.0L・4気筒直噴ターボだが高出力版を搭載するxDrive25i。グレードは標準モデル、xLine、MSportの3種類が設定される。(ただしxDrive25iはxLineとM Sportの2グレード)。もちろん1.5LエンジンはB38A15A型、2.0LはB48A20A/はB48A20Bで、いずれも最新世代のBMW新世代モジュラーエンジンとなっている。では早速試乗してみよう。

BMW 新型X1 xDrive20i xLine試乗BMW 新型X1 xDrive20i xLine試乗

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる