Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

レクサスGS F試乗レポート サーキットが大好物のプレミアムセダン

2016年1月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSCN6353

「ぜひサーキットを走って!」というGS F

AutoProve 有料メルマガ2/5(金)配信開始決定!

レクサスのプレミアムセダン「GS」にスポーツモデル「F」がラインアップに加わった。レクサスのFとは日常からサーキットまで「走りを楽しみたいすべてのドライバーが笑顔になれるスポーツカー」で、これはFモデルの共通コンセプトとなっている。高級セダンでもサーキット走行が楽しめる「GS F」にF開発の総本山、富士スピードウエイで試乗してきた。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

DSCN6381 DSCN6371

レクサスでは、サーキットを「公道の延長」であり「高性能を最も安全に楽しめるところ」と位置づけ、Fをフルアクセルで走らせることができる場所としている。したがって、運転スキルの高い人だけのモデルではなく、いろんな人がいろんな楽しみ方ができるように「速さ」「信頼性」「乗りやすさ」をキーワードに開発されている。

レクサスではFのオーナーになったら、サーキット走行することをお勧めしており高性能スポーツカーを走らせる歓びを体験することを推奨している。もちろん、今回の高級セダンGSでもFの名前を持つモデルだけにサーキットで鍛えた性能を満喫してほしいというのが狙いだ。

DSCN6354

GS Fはセダンの持つユーティリティをそのままに、走りの性能をサーキットで楽しめるレベルに引き上げるため、ホームコースである富士スピードウエイをはじめ、ニュルブルクリンクの北コースを徹底的に走り込み、チューニングを行なっている。

少しGS Fのチューニングされた部分を振り返ると、ボディはGSと同じボディでレーザー溶接やスポット打点増し打ち、構造用接着剤、レーザースクリューウェルディングなど、最新の技術で製造されているのは言うまでもない。また、製造工場も他のGSモデルと同じラインで生産されている。ただ、異なる部分としてボディ下面にF専用のブレース補強があり、フロントはサブフレームとボディを接合する部位にA字型のブレースが付く。また、リヤにもブレースバーが配置されている。

DSCN6356P1130113

サスペンションも専用のチューニングが行なわれ、これまでのFと同様に、SACHS社製(ザックス)のダンパーとミシュランの専用タイヤを装着する。ブレーキはフロントにアルミ対向6ピストン、リヤもアルミ対向4ピストンのモノブロックキャリパーを採用し、ブレーキパッドも専用の高摩擦パッドにするこだわりがある。

GS Fのハイライト的技術として、TVDという機械式のトルクベクタリング機能がある。後輪左右の駆動力を最適に制御し、タイヤのグリップを最大限に引き出し意のままにコーナリングを楽しむことができる、というものだ。このTVDは作動領域を電子制御され、STANDARD/SLALOM/CIRCUITの3モードがある。

DSCN6373DSCN6375

このデフ制御に加え、ドライブモードも4種類ある。ECO、NORMAL、SPORTS、SPORTS+で、トラクションコントロールと姿勢制御のVSCのオンオフが可能なスポーツモード付VDIMが(Vehcle Dynamics Image Navigater)組み合わされるため、制御のセレクトが自在にセッティング可能だ。

P1130098

搭載するエンジンはV8型5.0LのNA、自然吸気の2UR-GS型だ。これにアイシンAW製8速ATと組み合わせたパワーユニットで、これまでと同様、トヨタ製のエンジンブロックにヤマハ製のヘッドを組み、D-4Sの直噴/マニホールド噴射に吸排気可変バルブタイミング機構を持つ。また、低負荷時には電動吸気可変バルブタイミング機構を作動させアトキンソンサイクル運転もするため、一定速度での巡行運転で最大4.2L車相当の省燃費性能を示すという。

また、組み上がったエンジンの回転バランスを取るという手の込みようで、エンジンは滑らかに、そして軽快に回る。サウンドのチューニングも今回行なわれているのでプレミアムセダンでありながら、スポーツカーであることを再認識する。では早速試乗レポートしよう。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる