Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル 東京オートサロンでコンセプトカーを日本初公開

2015年12月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業は、2016年1月15日に千葉県千葉市・幕張メッセで開幕する「東京オートサロン2016 with NAPAC」に、日本初公開となるコンセプトモデルなどを出展することを発表した。

同社ブースでは、STIブランドの活動領域を表現したコンセプトカー「STI Performance Concept」を日本初公開。また、走りの愉しさはもちろん、より本物の質感を追求してSTIブランドの可能性を広げる「LEVORG STI CONCEPT」や、新たにSTIブランドの世界観を織り込んだ「SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT」を出展する。

subaru01

STI Performance Concept

「STI Performance Concept」は、BRZをベースにサスペンションやブレーキ、内外装部品などを含めて1台のコンセプトカーとして提示することで、STIのパーツビジネスやコンプリートカービジネスといった活動領域を表現。Super GT用のEJ20型2.0L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載することで、モータースポーツ活動を表現するなど、STIのすべての活動を象徴するモデルとなっている。

「LEVORG STI CONCEPT」は、従来の「S」シリーズや「tS」シリーズといったSTIコンプリートカーとは異なる「STIブランドが持つスポーティイメージと上質な内外装を融合した身近なSTI」という、新たな価値を表現したコンセプトモデルとなる。

エクステリアはボディカラーに「WRブルー・パール」を採用するほか、専用フロントマスクやSTI製18インチアルミホイールを装備。また、インテリアでは専用の2トーン内装色や専用加飾で上質感を演出する。足回りにはSTI専用チューニングダンパーがおごられ、STIブランドに相応しい質感の高い内外装とスポーティな走行性能を両立したクルマの新たな提案を目指している。

「SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT」は、「クォーツホワイト・シリカ」のボディカラーにオレンジのアクセント色を加え、インテリアもオレンジ&ベージュを加えた専用設定としているのが特徴で、STIらしさを踏まえつつPOPな演出を取り入れている。また、STIのスポーツパーツを採用するなど、走りの楽しいハイブリッドの魅力を一段と高めている。

スバルブースのイメージ

スバルブースのイメージ

また、2016年のモータースポーツ参戦予定車も展示。2015年にクラス優勝を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦予定車となる「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」や、SUPER GT参戦予定車の「SUBARU BRZ GT300 2016」が飾られ、2016年のモータースポーツ参戦体制についても発表される予定だ。

このほか、モータースポーツトークショーやグッズ販売コーナーなども実施する予定。

また、同社はオートサロン特設WEBサイトを開設し、参加型のコンテンツやスバルブースの情報を配信。ブースの様子は、「SUBARU-USTREAM」(http://www.ustream.tv/channel/subaru-ustream)と、ニコニコ動画(http://ch.nicovideo.jp/subaru-channel)でライブ配信を行なう。

スバル・アーカイブ
スバルの中古車情報はこちら
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる