Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ トヨタ博物館の常設展リニューアルを段階的に実施

2015年12月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOYOTA_MUSEUM_RENEWAL_01

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は2015年12月22日、2019年の開館30周年に向けて常設展のリニューアルを段階的に実施していくと発表した。このリニューアルはグローバル化の流れを受け、1989年の設立時の趣旨を現在の視点で再考し、よりいっそうクルマの歴史・文化に親しみ、時代の流れの中で世界と日本の自動車産業がどのように絡み合いながら進化してきたかをさらにわかりやすく、より多くの方に伝えていくことを目的として実施する。

第1段階として、1月5日(火)にオープンする今回は自動車黎明期から1950年代に至る展示内容を本館2階に集約する。これまで本館2階は欧米車、3階は日本車、新館は日本のモータリゼーションの歩みというように各フロアにそれぞれ分けて展示していた。今回この年代の欧米車と日本車を新たに8つのゾーンに分けて紹介し、時代を追って自動車技術の発展やデザインの推移を比較しながら世界のクルマを一望できるようにする。
News Release

最初のゾーン「自動車の夜明け(黎明期)」では1/5スケールモデル(以下、模型)4台を追加し、日本における自動車の始まりを同時代の欧米車とともに紹介する。また、6番目のゾーン「流線型時代の到来」ではトヨダAA型乗用車とデソート・エアフローを展示し、日本車と欧米車を直接比較できるようにする。今回、本館2階に追加・移動された車両(模型含む)は28台である。
TOYOTA_MUSEUM_RENEWAL_04TOYOTA_MUSEUM_RENEWAL_05
TOYOTA_MUSEUM_RENEWAL_06TOYOTA_MUSEUM_RENEWAL_07

また新館2階の一部を改装し、リニューアル記念展として2013年に好評を博した小林彰太郎フォトアーカイブ展「昭和の日本〜自動車見聞録」を1月5日(火)から6月12日(日)まで開催する。

さらに今回のリニューアルの関連イベントとして、講演会や学芸トーク、学芸スタッフによるガイドツアーや走行披露も実施する。また新館1階カフェもミュージアムカフェ「CARS&BOOKS(カーズンブックス)」と名称を変更し、自動車博物館にあるカフェならではの特性にこだわって新装オープン。本を片手にゆったりと上質な飲み物や食べ物を味わえる空間、仲間とクルマを語り合える場所を目指すとのことだ。
TOYOTA_MUSEUM_RENEWAL_08

なお、お正月イベントや工作教室を1月9日(土)~1月11日(月・祝)に行なうほか、1月5日(火)~1月11日(月・祝)の冬休み期間中は小学生の入館料が無料となる。

トヨタ博物館公式サイト
トヨタ・アーカイブ
トヨタ中古車情報

トヨタ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる