情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

GM 7人乗りSUVのシボレー・キャプティバを一部改良

2015年12月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デザインも一新された7人乗りSUVのシボレー・キャプティバ

デザインも一新された7人乗りSUVのシボレー・キャプティバ

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレーブランドの7人乗りミドルサイズSUVの「キャプティバ」を一部改良し、2016年1月9日から全国の正規ディーラーネットワークで販売を開始する。

今回の改良では先に発表され、すでにキャデラックブランドで展開が始まっているように、Apple CarPlayを標準搭載した。これは、標準装備される統合制御ナビゲーション「シボレーMyLink」の画面上に、iPhoneの対応アプリを直接表示するもの。

対応アプリは、電話や音楽、メッセージなどのiPhoneに標準で備わっている機能のほか、オーディオブックやPodcastをはじめとするアプリも含まれる。これらはSiri音声コマンドに対応するため、ハンズフリーでの操作が可能となる。

Siri音声コマンドで操作可能なApple CarPlay

Siri音声コマンドで操作可能なApple CarPlay

このほかでは、安全装備も充実。左右後方の死角にいる他車を検知するとドアミラーにアイコンを表示して警告する「サイドブラインドゾーンアラート」や、フロントパーキングアシストとリアビューカメラ、後退時に自車の後方に接近するクルマや人を検知すると警告する「リアクロストラフィックアラート(後退時安全確認警告機能)」を追加装備している。

また、デザインもリフレッシュ。エクステリアでは、フロントのデュアルポートグリルやアンダーガード、フォグランプのデザインを一新し、ヘッドライトにLEDポジションランプを採用した。

一方、インテリアでは、メータークラスターとトリムパネルなどを変更している。

2.4L直列4気筒エンジンと6速AT、アクティブ・オンデマンドAWDのドライブトレーンや、7人乗りのシートレイアウトなどは、従来モデルと同様となる。

■価格<メーカー希望小売価格(消費税込み価格)>
キャプティバ:379万円
キャプティバ・ラグジュアリー:414万円

GMアーカイブ
シボレー・キャプティバの中古車情報はこちら
シボレー公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる