Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

日産 新開発V6ツインターボをインフィニティに搭載

2015年12月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新開発の3.0L・V6ツインターボエンジン

新開発の3.0L・V6ツインターボエンジン

日産は、コンパクトで軽量の3.0L・V6ツインターボエンジンを新たに開発し、2016年からインフィニティモデルに搭載することを発表した。

このエンジンは、長い歴史を誇るV6パワートレーンのDNAを引き継ぎ、運転のしやすさや効率性、パフォーマンスを理想的なバランスで実現したという。

アルミ製エンジンブロックを採用した新開発3.0L・V6ツインターボエンジンは、シリンダーボアとストロークが同じ長さ(86.0×86.0mm)のスクエア型エンジンで、低い機械摩擦と素早い始動を同時に実現。パフォーマンスは、最大出力300hp/6400rpm、最大トルク400Nm/1600-5200rpmと、最高出力400hp/6400rpm、最大トルク475Nm/1600-5200rpmの2タイプを用意する。

新型エンジンのコア構造の重量は194.8kgで、従来エンジンより14.1kgの軽量化を達成。この軽量化に最も貢献したのは、エンジンブロックへのミラーボアコーティングの採用と、シリンダーヘッド一体型エキゾーストマニホールド。これにより、エンジンの軽量化だけではなく、熱がアルミ合金ボアウォールを通じてより効果的に分散されるため、冷却性能も向上している。

また、新ターボチャージャーと先進的なインタークーラー(CAC)システムの採用による加重はわずか25.8kgで、エンジン全体の重量は220.6kgとなる。また、新型エンジンは、従来のV6エンジンと比較して、エンジン排気量が19%(約0.7リッター)減少しているという。

このエンジンには、2つの大きな新技術を採用。そのひとつが「アドバンスタイミングコントロール」と呼ばれるもので、スロットルのスピードを向上させた新型モーターをバルブタイミングシステムに組み込むことでレスポンスを向上させる。

もうひとつが新型の「ツインターボシステム」で、タービンブレードのデザインを最適化するとともに新型のタービンスピードセンサー、インタークーラーシステム、電動アクチュエーターを採用。これにより、パフォーマンスやレスポンス、燃費を向上している。

このほか、スロットルの位置やエンジンスピードに応じ、燃料をより正確に燃焼室に噴きつける新型直噴ガソリン(DIG)燃料システムも採用。このシステムにより、インフィニティに搭載するV6エンジンの中で、最もクリーンで効率的なものとなるとのことだ。

また、前述のシリンダーヘッド一体型エキゾーストマニホールドは、触媒コンバーターをエキゾーストポイントにより近い位置に置くことを可能とし、触媒コンバーターを従来型V6エンジンよりも2倍速く加熱することで、エンジン始動から発生する排気を減少する。

これらの新技術が採用された新開発エンジンは、従来のエンジンから燃費が6.7%向上。400hpエンジンでトップクラスの燃費を達成している。

この新型V6ツインターボエンジンは、2016年から福島県いわき工場で生産が開始される予定。

日産アーカイブ
日産の中古車情報はこちら
日産公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる