Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

GM キャデラック・エスカレードを改良し2016年2月に発売

2015年12月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラックのプレミアムSUV「エスカレード」を改良し、2016年2月から全国のキャデラック正規ディーラーネットワークで販売を開始する。

escalade01

今回の改良では、先に発表されているATSシリーズCTSと同様、Apple CarPlayを標準装備する。これは、iPhoneの対応アプリを「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」に直接表示し、Siri音声コマンドで操作を可能とするもの。

電話をはじめミュージックやメッセージ、オーディオブック、PodcastなどのiPhone機能や対応アプリがハンズフリーで操作できる。また、ミュージックでは、標準装備される音響専用システム「Boseプレミアム・センターポイント・サラウンドサウンドシステム」の16個のプレミアムスピーカーにより、臨場感のあるサラウンドサウンドを楽しめる。

escalade02

加えて、Apple CarPlay対応CUEが標準装備され、16GBのSDナビゲーションのほか地上デジタルTVなども内蔵。より見やすく、より便利で使いやすくなっている。

このほかでは、安全装備も充実。シートクッションの左右に内蔵されたバイブレー ターが左右別々または同時に振動し、ドライバーに衝突の危険性を警告するGMが独自に開発し特許を取得した「セーフティアラート・ドライバーシート」や、運転席と助手席の間に展開して前席乗員を保護するフロントセンターエアバッグ、レーンキープアシストを新採用。

また、CUEにクルマを真上から見下ろした360度の映像を表示し、車庫入れや縦列駐車時の安全をサポートする「サラウンドビジョン」も装備。今回の改良モデルから、8km/h以下での走行時にリヤビュー画面からフロントビュー画面に任意で切り替えができる機能を追加している。

これらの安全装備に加え、ガラス破損センサーやモーション検知センサー、傾斜センサーをはじめとする防犯システムを採用。ホイールや車両の盗難の危険がある場合、アラームで警告を鳴らす。

今回の改良は装備に関するものが中心で、パワートレーンは従来モデルからキャリーオーバーされている。

■キャデラック・エスカレード価格
プレミアム:1249万円
プラチナム:1349万円

GMアーカイブ
キャデラックエスカレードの中古車情報はこちら
キャデラック公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる