Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ジャガー バーチャル体験システムの試乗車に、「C-X75」と新型「XF」を導入

2015年12月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JAGUAR_Virtual Drive_01
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年12月11日、日本初のバーチャル試乗体験システム「ジャガー・バーチャル・ドライブ」の新コンテンツを2015年12月12日(土)より、全国のジャガー・ランドローバー正規ディーラーネットワークに順次導入すると発表した。今回追加されたのはコンセプト・モデルの「C-X75」と、2015年9月にフルモデルチェンジしたばかりの新型XFのコンテンツ。今後さらに対応車種を拡充していく予定だ。

JAGUAR_Virtual Drive_02
C-X75の新コンテンツは、公開中の映画『007スペクター』に登場するC-X75に乗り込み、ジャガーが誇るピュアスポーツカーであるFタイプR・AWDクーペとのカーチェイスを繰り広げる。イギリスのウォリック州にあるジャガー・ランドローバーのテストコース「フェン・エンド」が舞台で、助手席からだけでなく、フロントグリルやリヤフェンダー、ルーフなどさまざまな視点からの臨場感ある映像が切り替わり、ハイスピードのカーチェイスをバーチャルで体験できる。

JAGUAR_Virtual Drive_03
一方、新型XFのコンテンツでは、ジャガーのインストラクターによる解説付きで、新型XFの走行性能をバーチャルで試乗できる。「ジャガー・バーチャル・ドライブ」の特徴である360度全方位の映像により、新型XFのスタイリッシュでラグジュアリーな室内空間を見られるほか、加速性能や安定したコーナリング性能など、さらなる進化を遂げた新型XFの魅力が体感できる内容となっている。JAGUAR_Virtual Drive_04
すでに「ジャガー・バーチャル・ドライブ」では、XEとFタイプ、「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」では、ディスカバリー・スポーツとレンジローバーのコンテンツを導入済みだ。今回、ジャガーのコンセプト・モデルであるC-X75と新型XFのコンテンツ追加により、対応車種を合計6モデルに拡充した。

ジャガー・アーカイブ
ジャガー中古車情報
ジャガー公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる