Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ 2020年末までに100%電気自動車を市販化へ

2015年12月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルシェが開発を進める100%電気自動車のプロジェクトEコンセプト

ポルシェが開発を進める100%電気自動車のプロジェクトEコンセプト

ポルシェは、同社初の100%電気自動車のプロジェクト「ミッションEプロジェクト」を推進することを決定し、2020年末までに100%電気自動車を発売することを発表した。

4シーターレイアウトの4ドアで、600psオーバーのパフォーマンスを発揮

4シーターレイアウトの4ドアで、600psオーバーのパフォーマンスを発揮

ミッションEコンセプトカーは、すでに2015年9月に開催されたフランクフルト国際モーターショーでワールドプレミアを果たしている。4ドア4シーターのボディに、最高出力600psオーバーの電気モーターとリチウムイオンバッテリーから成るパワーユニットを搭載。これにより、0-100km/h加速3.5秒以下、航続可能距離500km以上というパフォーマンスを発揮する。

また、ミッションEコンセプトカー専用に開発された800Vのチャージャーユニットは、既存のクイックチャージャー(急速充電)の2倍に相当し、わずか15分の充電で最大航続距離の80%のエネルギーをリチウムイオンバッテリーに充電することが可能だ。

専用の充電器も開発し15分で80%の充電を可能とする

専用の充電器も開発し15分で80%の充電を可能とする

このミッションEプロジェクトにより、同社はシュトゥットガルトの本社工場周辺だけで7億ユーロ(900億円以上)の投資を行ない、塗装工場と組み立て工場を新たに建設。さらに、既存のエンジン工場を電気モーター生産のために拡張するとともに、ボディ工場も拡大。ヴァイザッハのR&Dセンターなど別の地域への投資も実施し、これらにより1000人以上の新たな雇用も生まれるという。

同社取締役会会長のオリバー・ブルーメは、「ポルシェはこれによってスポーツカーの歴史の新たな章を始めることになる。完全な電気自動車スポーツカーの分野においてもポルシェの哲学は揺らぐことなく、マーケットの中で最もスポーティで技術的に洗練されたモデルを提供していく」とコメント。さらに、このプロジェクトが技術の中心であり、ドイツ自動車産業の中心でもあるシュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンの工場で生産されることも強調した。

ポルシェ・アーカイブ
ポルシェの中古車情報はこちら
ポルシェ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる