Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

BMW 2シリーズアクティブ ツアラー/グラン ツアラーが、2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、輸入車の頂点となるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2015年12月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P90190114-lowRes

2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいてインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した、BMW 2シリーズアクティブ ツアラー/グラン ツアラー

BMW 2シリーズアクティブ ツアラー/グラン ツアラーが、一般社団法人「日本カー・オブ・ザ・イヤー」実行委員会主催の2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、輸入車の頂点となるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

P90141693-lowRes

2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいてインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した、BMW 2シリーズアクティブ ツアラー

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会発表の受賞理由は以下の通り。

BMWブランドとして初となるFFベースのパワートレーンを採用した上で、高いレベルの“駆けぬける歓び”を実現したことを評価した。ファミリーユースを見込むマルチパーパスビークルとして、ロングドライブでの快適性や最新のクリーンディーゼルを搭載したことによる経済性などにも好印象を受けた。

P90171449-lowRes

2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいてインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した、BMW 2シリーズグラン ツアラー

BMWグループにおいては、3年前の2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤーにて、BMW3シリーズが輸入車の頂点となるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。同車は高効率ガソリン・エンジン、クリーン・ディーゼル・エンジン、ハイブリッド・システムと3つのパワー・トレインを同時にラインアップに持つことが評価された。また、2014年は、BMW i3がイノベーション部門賞に輝いており、過去4年の内、メジャーな賞を3つ受賞している。

BMWグループにおける過去6年の10ベスト・カー受賞歴は、下記の通り。
2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤー:BMW5シリーズ
2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー:BMW1シリーズ
2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー:BMW3シリーズ(インポート・カー・オブ・ザ・イヤー)
2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー:MINIペースマン
2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー:BMW i3(イノベーション部門賞)
2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー:BMW 2シリーズアクティブ ツアラー/グラン ツアラー(インポート・カー・オブ・ザ・イヤー)

BMW アーカイブ
BMW 2シリーズアーカイブ
BMW 2シリーズ中古車情報
BMW公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる