Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

三菱 eKスペースに専用2トーンカラーと安全装備を追加した特別仕様車「Style Edition」を発売

2015年12月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車は、スーパーハイトワゴンタイプの軽乗用車「eKスペース」に、特別仕様車の「Style Edition(スタイルエディション)」を設定し、全国の系列販売会社を通じて販売を開始した。

ベースとなるのは、NA(自然吸気)エンジンを搭載する「G」と、ターボエンジンを搭載する「カスタムT」の2タイプで、専用ボディカラーや安全装備を追加している。

Gスタイルエディションのウォーターブルーメタリック×ホワイトパールの2トーンカラー

Gスタイルエディションのウォーターブルーメタリック×ホワイトパールの2トーンカラー

カスタムTスタイルエディションのライトニングブルーマイカ×ブラックマイカの2トーンカラー

カスタムTスタイルエディションのライトニングブルーマイカ×ブラックマイカの2トーンカラー

まずエクステリアでは、専用2トーンカラーが大きな特徴。Gスタイルエディションはホワイトルーフ、カスタムTスタイルエディションはブラックルーフとなり、前者はウォーターブルーメタリック、後者はライトニングブルーメタリックの新色を用意。それぞれ2トーンカラー3色、モノトーンカラー2色の全5色をラインアップする。

また、Gスタイルエディションではメーカーオプションの14インチアルミホイールを標準装備。カスタムTスタイルエディションでは2トーンカラー仕様はグリルなどがダーククローム化する。

インテリアでは、カスタムTスタイルエディションにメッキモールとピアノブラック加飾を施した本革巻きステアリングホイールを特別装備するほか、ドアアームレストにメッキ調ラインモールをあしらい、スポーティかつ上質感を演出する。

そして、もうひとつの大きなポイントが安全装備。両モデルともに「e-Assist」を標準装備としている。これは、低車速域衝突被害軽減ブレーキシステムと誤発進抑制機能を備えるもの。

このほかの装備面では、IR(赤外線)カットガラスを両車に標準装備したほか、Gスタイルエディションに両側ワンタッチ電動スライドドアを、カスタムTスタイルエディションにバードアイビュー機能付きマルチアラウンドモニターを標準装備している。

これだけの特別装備や専用カラーを採用しながら、両モデルともにベース車からの価格アップは10万円以下。さらにエコカー減税の対象となるのも嬉しいポイントだ。

ek_03

三菱・アーカイブ
eKスペースの中古車情報はこちら
三菱公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる