Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

NEXCO中日本 新東名高速道路「浜松いなさ-豊田東」JCTが2016年2月に開通

2015年11月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「浜松いなさJCT」~「豊田東JCT」(55km)が開通する

「浜松いなさJCT」~「豊田東JCT」(55km)が2016年2月に開通。これまでの東名高速の渋滞名所が解消される

2015年11月19日、中日本高速道路(NEXCO中日本)は、現在建設を進めている新東名高速道路の「浜松いなさジャンクション」~「豊田東JCT」までの間(約55km)は、2016年2月中の開通を目指すと発表した。

この区間は、本来は2014年末頃に開通予定だったが、基礎工事が2015年末までずれ込んでいた。基礎工事の終了後、舗装、休憩施設内の建物工事などを行ない、2016年2月中に開通できる見通しとなった。

「浜松いなさJCT」~「豊田東JCT」区間の開通により、東名高速の渋滞緩和、ダブルネットワーク化による信頼性の向上、日本の大動脈としての三大都市圏の連携強化などの効果がようやく発揮されることになる。

NEXCO中日本 新東名 延長

東名高速の渋滞解消だけでなく、大規模震災時などのバックアップ効果もようやく期待できるようになる

現状では、浜松いなさJCTと東名高速・三ケ日JCTの接続部分、東名高速道路の三ケ日JCT~豊田JCTの2箇所は慢性的に渋滞しており、音羽蒲郡IC~豊田JCTの間は暫定3車線化が採用されているものの、年間600回もの渋滞発生名所となっていた。しかし新東名の延長により、この区間の渋滞は大幅に解消する見込みだ。

延長される区間には、新城、岡崎東の2箇所のインターチェンジが設けられ、休憩施設としては長設楽原PA、岡崎SAが設置される。また豊田東JCTは、東名高速、伊勢湾岸道、東海環状自動車道と接続する大規模なジャンクションとなる。

NEXCO中日本 新東名・延長部分 概要
高速道路情報アーカイブ
NEXCO中日本公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる