情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ 新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を新型CX-9に搭載

2015年11月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P1J11208s

新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」

マツダは、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」シリーズの最上位エンジンとなる2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を新開発した。既報のように2016年春より、北米から販売を開始する新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「CX-9」に搭載する。

P1J11225s

新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「CX-9」

SKYACTIVエンジンではシリーズを通じ、カタログ上の数値だけでなく、ユーザーの実際の使用シーンでも優れた動力性能と燃費性能を両立することを追求している。またその両立を、搭載車両の車格に応じた最適な排気量と最もシンプルな構造で提供することを開発コンセプトとしている。

「SKYACTIV-G 2.5T」は、同コンセプトに基づき、「SKYACTIV-G」シリーズ初のターボエンジンとして開発された。アテンザなどに搭載されている自然吸気エンジン「SKYACTIV-G 2.5」をベースに改良を加えることで、4.0L V8型自然吸気ガソリンエンジン並みの最大トルクを発揮する。またカタログ燃費・実用燃費ともに、使用シーンの9割以上を占める、中低速領域でリニアで力強い加速感、ターボラグのない良好な応答性を実現している。

従来型のターボエンジンには、「ターボラグに代表される低速領域での動力性能の悪化」と「実用燃費の悪化」という二つの問題点があった。しかし「SKYACTIV-G 2.5T」は、運転条件に応じて排気脈動の状態を変化させる世界初の機構「ダイナミック・プレッシャー・ターボ」と、理論空燃比領域を拡大する「クールドEGR」の活用などによって、これらの問題を克服している。

マツダ アーカイブ
マツダ 中古車情報
マツダ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる