Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ロータス 軽量化かつパワーアップを果たした史上最強のエヴォーラ400を発表

2015年11月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
evora400_14

エヴォーラ400発表会にて

evora400_13

エヴォーラ400発表会にて

エルシーアイは2015年11月10日、新型「エヴォーラ400」を発表し、全国の正規販売店を通じて販売を開始した。

エヴォーラ400は、ロータスの最上級かつロータス史上最強モデルと謳われ、従来のエヴォーラよりもさらに高性能なモデルに仕上がっている。

evora400_01

フロントは大きなエアインテークが印象的だ

evora400_02

スリーエレメント・リヤウイングと軽量ディフューザーが特徴的なリヤビューを演出

ミッドシップに搭載するエンジンは、エヴォーラ同様のトヨタ製3.5L・V型6気筒スーパーチャージャーの2GR-FE型。だが、スーパーチャージャーと水冷式インタークーラーを一新するとともに、エンジンマネージメントシステムもアップグレードした。その結果、最高出力は56psアップの406ps、最大トルクは10Nmアップの410Nmへとパワーアップを果たしている。

evora400_06

最高出力、最大トルクともに向上をはたした3.5LのV型6気筒スーパーチャージャー

同時に、トランスミッションも改良。6速MTはクラッチディスクとフライホイールを刷新し、トルセン式LSDを標準装備した。また、6速ATはシフトフィーリングを改善している。

パワーアップにともないブレーキも強化されており、前後ともに2ピースのクロスドリルド・ブレーキディスクと4ポッドキャリパーを採用し、制動力をアップ。加えて、前19インチ/後20インチの軽量鍛造アルミホイールを装着。従来よりも3.3kgも軽量化されており、バネ下重量の軽減を図っている。

さらに、アルミ製シャーシーも改良が加えられるなど、じつに車両全体の3分の2の構造と装備を一新。その結果、22kgの軽量化を達成し、車両重量は1500kgを大幅に下回った。

evora400_04

リヤまわりのデザインも一新されており、エアロダイナミクスを向上。

evora400_05

軽量鍛造ホイールを採用。タイヤはミシュラン・スーパースポーツを履く

そのほか、全長が27mm延長したエクステリアでは、前後バンパーを刷新するとともに、コンポジットリヤディフューザーの軽量化や新デザインのリヤウイングを装着。すべてはエアロダイナミクスを考慮した設計で、ダウンフォースを大幅に増強している。

evora400_03

前後バンパーのデザインを変更。全長は従来モデルよりも若干長くなった

一方、インテリアも大幅に改良。インパネまわりのレイアウトを一新したほか、すべてのシートを軽量化。また、サイドシルの幅と高さを狭く、低くしたことで乗降性を向上するとともに、新空調システムや初のエンジンスタートボタンの採用など装備面も改善され、快適性も高めている。

コクピットはスイッチ類のレイアウトを一新。ナビやリアカメラなどを標準装備する。

コックピットはスイッチ類のレイアウトを一新。ナビやリヤカメラなどを標準装備する

evora400_08

フロントのフルバケットシートも軽量化している

evora400_09

後席は280mm幅広となり、居住性を向上

インテリアのマテリアルはレザーやアルカンターラから選択可能。

インテリアのマテリアルはレザーやアルカンターラから選択可能

エンジンの出力&トルクの向上や徹底した軽量化、トランスミッションの改良、エアロダイナミクスの改善など、全面的に手が加えられたエヴォーラ400のパフォーマンスは、最高速度300km/h、0-100km/h加速4.2秒にまで向上し、まさにロータス史上最強モデルとなった。

■価格
エヴォーラ400(6速MT):1355万4000円
エヴォーラ400(6速AT):1406万1600円

ロータス・アーカイブ
ロータス・エヴォーラの中古車情報はこちら
ロータス公式サイト

 

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる