Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ランドローバー イヴォーク・コンバーチブルを発表

2015年11月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RRE_Con_01

新型レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル

ランドローバーは2015年11月9日、レンジローバー・イヴォークが持つスタイルに、エレガントなコンバーチブルのデザインが加わった、新型「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」を発表した。発売は2016年春を予定している。

レンジローバー・ファミリーとしては5番目のモデルで、初めてのコンバーチブル・モデルとなるイヴォーク・コンバーチブルは、レンジローバーの伝統である高級感と4シーター、多用途性の高いラゲッジルームを備えており、まさにイヴォークのラインアップの頂点に立つ新型モデルだ。

RRE_Con_02

ラグジュアリーSUV初のオープンモデルとなる

注目の開閉可能なルーフはソフトトップで、Z型に折り畳まれる。この全自動ソフトトップは、時速30マイル(48km/h)までであれば走行中も操作可能で、所要時間はオープン時18秒、クローズ時21秒となる。

RRE_Con_03

ルーフの開閉に要する時間は18秒から21秒

RRE_Con_04

Z型に折り畳まれるソフトトップ

RRE_Con_05

ルーフ開閉操作は走行中でも可能

ラゲッジスペースは、オープン時に収納されたソフトトップの影響を受けない独立設計で、251Lの容量が確保されている。

また、安全面では、リヤに展開式ロールオーバー・バーを装備。万が一、横転しそうなときは2本のアルミニウム製バーが0.09秒で展開し、乗員を保護する。

RRE_Con_08

独立したラゲッジスペースを確保する

RRE_Con_09

シートは4座。後席後方にロールバーを完備

搭載するエンジンは、2.0Lのガソリンとディーゼルで、どちらもオールアルミ製の直列4気筒。ガソリンターボは最高出力240ps、最大トルク340Nm、ディーゼルエンジンは最高出力180ps、最大トルク430Nmを発生。どちらもトランスミッションは、ZF製9速ATと組み合わされる。

コンバーチブルとはいえ、ランドローバーらしい高い走破力は健在。四輪駆動パワートレーンに、テレイン・レスポンス、ウェイド・センシング機能、オールテレイン・プログレス・コントロール(ATPC)を組み合わせ、オールシーズンに対応するコンバーチブルに仕上がっている。

路面を選ばない高い走破性を備える。

路面を選ばない高い走破性を備える

なお、イヴォーク・コンバーチブルは、ランドローバーの英国ヘイルウッド工場で生産され、2016年春から世界170以上のマーケットで発売予定。日本への導入時期については、現状では未定となっている。

ランドローバー・アーカイブ
レンジローバー・イヴォークの中古車情報はこちら
ランドローバー公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる