Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

テスラ モデルS P85D試乗レポート 0-100km/hが3.3秒の電動スーパーカー

2015年11月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テスラ モデルS P85D試乗

革新的なEVカーとして常に注目されているテスラ。EVカーは環境モデルとして各社開発し、テスラのように、高級車、スポーツカーというジャンルでのポジションで戦っていないというのもテスラが注目される理由のひとつだ。テスラの高級車であるモデルS P85Dに試乗したので、その様子をお伝えしよう。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

モデルSは5ドアハッチバックだがセダンタイプのルックスを持つ、アッパーミドルクラスのプレミアムモデル。バッテリー搭載量、出力の違いで3モデルがあり、「70D」「85D」「P85D」とある。70D、85Dは駆動モーターをリヤアクスルに1基搭載したFR駆動方式。

テスラ モデルS P85D試乗テスラ モデルS P85D試乗

P85Dはフロントアクスルにもモーターを搭載する2モーターのAWDだ。出力が最も小さい70Dでも0-100km/hを5.4秒、トップスピードは225km/hで航続距離も442㎞というスペックだ。そのさらに上を行くトップグレードがP85Dで0-100km/hはなんと3.3秒。トップスピードはリミッター作動で250㎞/hの自主規制。航続距離は491㎞(NEDC)で、パフォーマンスキットで0-100km/hを3.0秒までアップすることが可能なのだ。ちなみに、車名のP85DのPはPerformanceでバッテリー容量である85kWhを意味している。

モデルS P85Dは、通常のモデルS AWDより強力なリヤモーターを搭載

モデルS P85Dは通常のモデルS AWD(前後193kW)より強力な375kW(510ps)のリヤモーターを搭載

このスペックを見るだけで、スーパーカーと勝負できる内容ということはお分かりだろう。しかもルックスはクーペルックの5ドアハッチバック。出力を振り返ると967Nmとベントレー・コンチネンタルGTスピードの820Nmを上回る大トルク。モーター出力はフロント193kWh、リヤ375kWhを搭載している。車両価格は1369万円。これにCEV補助金があり1100万円前後で手に入ることになる。

テスラ モデルS P85D試乗

インテリアにはタブレットPCを上回る大型のタッチスクリーンがあり、こちらですべてのセッティングを行っていく。まさに、ラップトップを搭載している感覚だ。ユニークなのは、アップデートを行なうことでさまざまなスペックが更新される点だ。テスラ モーターの広報によれば「およそ四半期に一度くらいの割合でアップデートがある」ということで、デジタル制御される類は、ユーザー自身が簡単にアップデートできるという、これまでのクルマとは一味違う点がここにもある。<次ページに>

テスラ モデルS P85D試乗

フロントのトランク

リヤ・ラゲッジスペース

リヤ・ラゲッジスペース


【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる