情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

WEC 2015 第7戦 上海6時間レース ポルシェ1-2で5連勝 マニュファクチュアラー・チャンピオン決定

2015年11月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEC 2015 第7戦 上海6時間レース

雨が降る中でのレースとなり、終盤までレインタイヤでのレースとなった

2015年10月30日~11月1日、2015年FIA世界耐久選手権(WEC)の第7戦、上海6時間レースが中国・上海サーキットで開催された。WECもいよいよ終盤を迎えているがポルシェが優勢を保ち、いつチャンピオンの座を確定するかが焦点となっている。とはいえ、アウディも一矢を報いるべくマシンの熟成を図っている。

予選では、ポルシェ17号車が異次元ともいえる1分42秒714をマークしてポールポジションを決め、ポルシェ18号車が0.7秒遅れで2番手に。そしてアウディ8号車は1.5秒遅れで3番手、7号車が4番手に。そしてトヨタは2014年のポールポジション・タイムを2.524秒も短縮したにもかかわらず、5番手、6番手となった。ポルシェ、アウディともいかにラップタイムが速くなっているかが明確に分かる。今やポルシェ919ハイブリッドは予選では無敵だが、その一方で決勝レースではアウディは無視できない存在という展開。

上海6時間レース予選結果

決勝レースは雨になった。セーフティカーの先導での決勝レースのスタート後、4周した後でグリーンフラッグとなり、ポールポジションのポルシェ17号車がトップをキープ。33周した後ピットに戻り、給油とレインタイヤの交換を行なった。57周目にアウディ8号車がトップに立ち、アウディ7号車もポルシェ17号車を抜き去った。61周目はポルシェ18号車が2番手に浮上。最終的には17号車を抜いてトップでゴールを果たした。

WEC 2015 第7戦 上海6時間レース

Porsche 9WEC 2015 第7戦 上海6時間レースWEC 2015 第7戦 上海6時間レース

ポルシェ18号車はレース序盤にアウディと接触してコースアウトし、最後尾まで落ちたが5周後には25台を抜いてLMP1クラスのポジションに復帰。そして72周目にはトップに立つ。しかしその後はブレーキのオーバーヒートや、スピンによりポジションを落としたが最後に挽回し、2位でゴールを迎えた。

こうして、ポルシェは今シーズン4度目の1-2フィニッシュを飾り、2015年のマニファクチャラーズ・チャンピオンの王座を獲得した。ポルシェにとって耐久レースにおける13度目の、1986年以来の世界選手権タイトルとなった。

WEC 2015 第7戦 上海6時間レースWEC 2015 第7戦 上海6時間レース

アウディは7号車、8号車がレース開始後3時間まではトップに立つなど、レースをリードし、雨の中での速さを見せ付けた。レースが最終局面にコースが乾き始めた時、アウディは、いち早く2台のマシンにスリックタイヤを装着し、2位獲得も可能なポジションを確保したが、フルコースがイエローとなり、そのチャンスを失ってしまった。

しかしアウディ7号車は3位に入り、ドライバーチャンピオンの決着は最終戦まで持ち越されることになった。またアウディ7号車のロッテラーは、ファーステストタイムを記録し、第6戦の富士に続きアウディは決勝レースでの速さを実証している。

WEC 2015 第7戦 上海6時間レースWEC 2015 第7戦 上海6時間レース

トヨタは1号車がレース開始後1時間半ほどでタイヤがパンク。さらに2時間ほど経過し、雨が強まった頃に1号車、2号車はともにスピンし、コースに戻るのに時間をとられるなどし、2号車が5位、1号車が6位を確保するのが精一杯となってしまった。

ポルシェにとって13度目の世界選手権タイトルが決定

ポルシェにとって13度目の世界選手権タイトルが決定

上海6時間レース結果

WEC 2015 第7戦 上海6時間レースWEC 2015 第7戦 上海6時間レース

WEC 2015 第7戦 上海6時間レースWEC 2015 第7戦 上海6時間レース
FIA WECレース アーカイブ
FIA WEC公式サイト
トヨタ・モータースポーツ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる