Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバルXVとフォレスター試乗レポート マニアな目線で考えてみた

2015年11月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSCN4163

スバルXV

DSCN4214

スバル フォレスター


AutoProve 有料メルマガ2/5(金)配信開始決定!

スバルXVフォレスターが2015年10月にマイナーチェンジを行ない、その詳細はお伝えしているが、正式発表は東京モーターショー2015だった。その最新のフォレスター、XVの試乗テストを一足早くすることができたので、その内容をお伝えしよう。レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>

試乗コースは栃木県宇都宮近郊にあるGKNドライブライン ジャパンのテストコースで高速周回路とハンドリング路の2種類。高速周回路は100km/h程度で周回するオーバルコースだ。ハンドリング路は綺麗な舗装路面で整備されているが、サーキットほど道幅広くなく、車両1台がテストするための幅を想像してもらえばいい。

DSCN4310DSCN4309

どちらも乗り心地を改良したモデルだが、印象に残ったのはフォレスターだ。フォレスターは、ガソリンNA(自然吸気)モデルとターボモデルの2種類あるが、車両重量が大きく異なっている。それは、エンジン重量差、高容量タイプのCVT差、そして装備の違いなどから100㎏と大きく異なっている。当然その違いはハンドリングにも表れてくるものだ。

DSCN4269

NA車、ターボ車どちらも似たようにスバルらしさをもったハンドリングに仕上げてあるフォレスター

ところが、フォレスターはNA車、ターボ車どちらも似たようにスバルらしさをもったハンドリングに仕上げてあることが強く印象に残ったのだ。グレード違いによって操舵フィールが異なるということがないのだ。近年ハイブリッドとガソリンでは性格が違うということもままある。つまり、HEV車はモーターに加えバッテリーを多く積む関係上、このフォレスターと同様に100kg程度の車重違いが起こり、その違いによってハンドリングも変わってしまうというのが実情なのだ。

スバルはハンドリングへのこだわりも強く、開発者も操舵遅れを意識においた開発をしている。それは前輪で操舵したコーナリングフォースを如何に速くリヤタイヤへ伝えるか?というのがポイントで、ボディの剛性やサブフレーム剛性の取り付け剛性、ステアリングギヤボックスの取り付け、もちろんサスペンションのセッティングなどの連携が確立されないと、理想のハンドリングが生まれない。もちろん、どのメーカーも当然狙っているフィールドなのだが、前述のように現実はそうなっていないもの。スバルは、そこのポイントにこだわりが強くあり、グレード違いでも同様に感じるように仕上げていることに感心したという意味だ。

DSCN4237

したがって、グレード違いを飛び越えて、車種違いであるインプレッサ、レガシィ、フォレスターXVなど、いろんなモデルの間でも、スバルらしいと感じるハンドリングに仕上げられているのだ。言葉で書くと「そんなことか」というように思うだろうが、ここまで統一できているのはスカイアクティブ以降のマツダ車とスバルだけと言っても過言ではない。だからこのフォレスターは、SUVで車高も高くおよそWRXとは対極にあるようなモデルだが、ハンドルを握ってカーブを曲がると、スバルらしいと感じるわけだ。<次のページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる