情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボ 「V60クロスカントリー D4 SE」試乗レポート ディーゼルと相性バツグンのクロスオーバー・ワゴン

2015年11月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
V60クロスカントリー D4 SE

V60クロスカントリー D4 SE

2015年10月6日、ボルボは新たな車種となる「V60クロスカントリー」の発売を開始した。S60/V60シリーズはボルボの屋台骨を支えるモデルだが、新たにV60クロスカントリーを追加して、よりラインアップの幅を広げた。<レポート:松本 晴比古/Haruhiko Matsumoto>

クロスカントリーという名称は、V40クロスカントリーに続く第2弾となる。しかし、「60シリーズにはXC60があるじゃないか」、と思う人も多いだろう。だがV60クロスカントリーの追加により、XCとの棲み分けを明確にしている。既存のXC60はSUVというポジションで、V60クロスカントリーはクロスオーバーなのだ。

現在のグローバル市場は、ヨーロッパ、アメリカ、中国ともにSUV、クロスオーバーのラインアップは不可欠となっているので、ボルボも商品戦略を再構築し、今後はXCとクロスカントリーという2カテゴリーをラインアップしていくわけだ。

ボルボ V60クロスカントリー 試乗

ボルボはもともと1997年にV70ベースのV70XC(AWD)を発売し、いわばクロスオーバーの先駆者だが、その後はよりSUV的な要素を強めたXC系をラインアップしている。そのため、現在のXC70は将来的にはXC70とクロスカントリーという2種類の車系が展開されるはずだ。

ボルボ V60クロスカントリー 試乗ボルボ V60クロスカントリー 試乗

今更だが、SUVの記号性は最低地上高が十分高いこと、大径タイヤ、そしてドライビングポジションが高めの位置にあるコマンドポジションにある。乗用車ステーションワゴンから派生したクロスオーバーも、SUVの記号要素を受け継ぐことが多いが、最近のクロスオーバーはよりデザインに特化し、機能、装備的には乗用車的になっているモデルも少なくない。

ボルボ V60クロスカントリー 試乗ボルボ V60クロスカントリー 試乗

そんな視点から見るとV60クロスカントリーは、正統派といえる。最低地上高は200mmに設定されているのだ。その手法は、フロント・サスペンションはXC70のハブキャリアとサスペンション・リンクを採用し、リヤはXC70用のサブフレーム(T5 AWDモデルはXC60用)とサスペンション・リンクを採用し、標準V60より65mm車高を高くしているのだ。さらにこの最低地上高のアップに合わせ、フロントのサブフレームの前端にフロントロワ・クロスメンバーを追加し、最低地上高の低い乗用車との衝突時の安全に対処しているのはボルボらしいところだ。

ボルボ V60クロスカントリー 試乗

V60クロスカントリーは、200mmという最低地上高とした結果、アプローチアングル19.4度、ランプブレークスルー・アングルは20.7度、デパーチャーアングルは25.7度となり、ラフロードでの走破性も確保されている。

V60クロスカントリーは、FFモデルの「D4 SE」と、「T5 AWD SE」の2種類が設定されている。D4 SEはもちろん最新のD4ディーゼル搭載モデルで、AWDモデルはT5エンジン搭載モデルのみの設定だ。このT5は、2.5Lの5気筒ターボエンジンを搭載している。ちなみにトランスミッションはD4 SEが8速AT、T5 AWD SEは6速ATで、つまりT5 AWD SEは従来からのエンジン、トランスミッションを搭載している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる