Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル アイサイトが2015年度グッドデザイン金賞を受賞

2015年11月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

subaru_01

富士重工業は、同社の運転支援システム「アイサイト」が、2015年度グッドデザイン賞の金賞を受賞したことを発表した。

グッドデザイン金賞は、2015年度に選ばれたすべてのグッドデザイン賞受賞対象のなかで、とくに優れたデザインに贈られる賞だ。

プリント

アイサイトは、ステレオカメラのみで自動車、歩行者、二輪車を検知し、車両の前方衝突の回避または衝突被害の軽減を図ることに加え、全車速追従機能付きクルーズコントロールや車線認識によるレーンキープ機能など、様々な予防安全機能を実現。

自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントでは、アイサイトを搭載するすべてのモデルで最高ランクを獲得するなど、世界トップレベルの運転支援システムとして高い評価を得ている。

今回の受賞にあたり、「世界に先駆けて実用化された、独自開発の運転支援システムである。ステレオカメラの画像解析を行なうLSIを専用設計しており、現在はver.3にまで進化を遂げている。衝突回避のみでなく、追従走行、車線維持など、来るべき自動運転のクルマ社会に必須となる先進的な機能を、いち早く実用化してきた貢献は非常に大きい」という点が評価された。

なお、運転支援システムとしてグッドデザイン金賞を受賞するのは、アイサイトが初めてとなる。

また、スバルは、2020年にはアイサイトを進化させ、高速道路上での自動運転を量産車で実現することを目指しているという。

スバル・アーカイブ
スバルの中古車情報はこちら
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる