情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

富士通テン クラウド連携、危険検知機能を持つ業務用ドライブレコーダー発売

2015年10月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
業務用ドライブレコーダー「G500]

業務用ドライブレコーダー「G500」

2015年9月17日、富士通テン(は、業務用ドライブレコーダー「OBVIOUS(アヴィアス)レコーダー」の新商品として、クラウドと連携し安全運転を効率的に支援する「G500シリーズ」を、9月18日から発売すると発表した。

ドライブレコーダー専用モデル「DRU-5010」とデジタコ搭載モデル「DRD-5020」(12月下旬発売)をラインアップしている。この新商品は、「第44回東京モーターショー2015」(2015年10月29日~11月8日)に出展予定。

富士通テン 業務用ドラレコG500 システム

新商品は、走行中に撮影した膨大な記録画像の中から事故につながる危険度の高いヒヤリハット画像を自動抽出し、これまで管理者が目視で検出していた手間を省く機能を持つ。
また、業界最大クラスのイメージセンサーを搭載した高解像度のカメラを採用し、自車両と車線までの距離計測により「ふらつき(車線逸脱)検知機能」と、前方車両との車間距離を計測する「車間距離検知機能」を新たに搭載。これらの計測値は時系列に保存され運転診断データとして活用できる。

抽出された危険画像

抽出された危険画像

危険車間距離診断表

危険車間距離診断表


時間帯別のふらつき度合いの傾向や速度別の車間距離の傾向など、ドライバー毎の運転特性を分析して、安全運転指導・教育に生かせるわけだ。ふらつき検知では危険と判断した場合に音声ガイダンスで警告する機能も搭載している。

ふらつき診断表

ふらつき診断表

ふらつきや車間距離に加え、車両の位置、速度や急加速/急減速などのデータと、業務開始/終了、荷物積み込み/卸しなど作業状態のデータは、通信ユニット(オプション品)を接続してクラウドに集約することで、リアルタイムで車両の位置や動態を事務所のパソコンでも確認でき、ドライバーに速やかに運行指示や安全運転指導が行える。

さらに、トラック荷室の温度センサーやアルコールチェッカーなどを接続して、業務・運用状況に応じたカスタマイズを行える機能を備えている。

製品一覧

富士通テン アーカイブ
富士通テン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる