Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

グッドイヤー 2種類のコンセプト・タイヤ、発電タイヤと自動変形するタイヤを発表

2015年10月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グッドイヤー 東京モーターショー

アジア・パシフィック・ビジネスユニット副社長(左)とゲストのデイブ・スペクター氏

2015年10月29日、グッドイヤーは東京モーターショーで、2種類のコンセプト・タイヤ、発電するタイヤ「BH-03」、自在に変形するモーフィング・タイヤ「トリプルチューブ」を発表、展示した。

発電タイヤ「BH-03」は、発電素材、熱電素材を採用した自己発電するランフラットタイヤだ。静止時には太陽光を吸収して発電し、走行中はタイヤのたわみと発熱を電気に変換する。

ッドイヤー 東京モーターショーBH03グッドイヤー 東京モーターショーBH03

熱電素材は静止時に太陽光の熱と光を吸収し、走行中は発熱により発電する。一方の圧電材はタイヤにかかる圧力やゆがみの力により発電する。これら2種類の素材はタイヤの内部構造が立体的に織り重ねられている。

グッドイヤー 東京モーターショー BH03

この構造はランフラット技術の代替となり、パンク時にクルマの荷重を支えることができる。またその高い真円性によりハイドロプレーニングを軽減し、特徴的なトレッドパターンにより騒音の吸収効果もあるとされる。

こうした発電機能により、ハイブリッド車や電気自動車に最適なタイヤと位置付けられている。

自在に変形するタイヤ、つまりモーフィング・タイヤの「トリプルチューブ」とは、タイヤ自体が路面に合わせて変形するという新発想が採用されている。このタイヤは3本のエアチャンバー(チューブ)を持ち、それぞれのチューブ内の空気圧を内蔵されたポンプで自動調整することでタイヤを変形させる。

グッドイヤー 東京モーターショー トリプルチューブグッドイヤー 東京モーターショー トリプルチューブ

基本的に3モードを持ち、エコ・セーフティ・ポジションは3つのエアチャンバーの圧力を均一にすることで最適な剛性を保ち、転がり抵抗を低減。同時に路面との接地を広く取ることによりドライ・ブレーキング性能を向上させている。

グッドイヤー 東京モーターショー トリプルチューブ

モーフィング・タイヤ「トリプルチューブ」

スポーティ・ポジションはカーブに合わせて、アクティブコニカル(円錐)形状に変形し、路面とタイヤのトレッド面の接地面が最適化されドライハンドリング性能が向上。

ウエット・セーフティ・ポジションはトレッド・センター部のエア・チャンバーがせり上がり、狭幅・大径形状になることで、ハイドロプレーニングを防止する。

また、このタイヤは仮にひとつのチャンバーがパンクしても他のチャンバーで走行を補うことができるという機能も持つ。

グッドイヤー 東京モーターショー トリプルチューブグッドイヤー 東京モーターショー トリプルチューブ

コンパウンドは、米のもみ殻灰から精製されるシリカを採用しており、地球環境に配慮したサステナビリティを実現している。再生可能なシリカは他のタイヤにも採用されている技術である。

なお、今回発表された2種類のコンセプトタイヤはグッドイヤー社のルクセンブルグ・イノベーションセンターで研究・開発されている。

 

グッドイヤー アーカイブ
日本グッドイヤー公式サイト
グッドイヤー公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる