情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

住友ゴム 空気なしタイヤ「エアレステクノロジー」、パンク防止タイヤの新技術を発表

2015年10月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャイロブレード

エアレスタイヤのジャイロブレード

2015年10月28日、住友ゴムは空気の充填が不要なエアレス・タイヤテクノロジー「GYROBLADE(ジャイロブレード)」と、タイヤのトレッド部の釘刺ささりなどによる空気漏れを防ぐシーラント・タイヤテクノロジー「CORESEAL(コアシール)」の2つの技術を開発し、東京モーターショーに出展した。

今回新開発したエアレスタイヤ・テクノロジー「GYROBLADE」はパンクそのものを防止し、シーラント・タイヤテクノロジー「CORESEAL」は万が一パンクが発生した際の安全性を、一般的なタイヤと比較して大幅に向上させる技術だ。これらは走行時の安全性を高め、スペアタイヤが不要となることで省資源・省エネルギー役立つ。

「GYROBLADE」は金属製ホイールと特殊な樹脂スポークからなるホイールの外周にタイヤのトレッド部を接着させた形状をしており、空気の充填は不要でありながらタイヤの基本性能を満たす。

住友ゴム タイヤ・テクノロジー ジャイロブレード住友ゴム タイヤ・テクノロジー ジャイロブレード

このためパンクや整備不良による空気圧の過不足の心配がなく、メンテナンス作業もなく、スペアタイヤを搭載することが不要になる。また樹脂スポークは豊富なカラーバリエーションにできるので、ファッション性を高めることも簡単にできる。

住友ゴム タイヤ・テクノロジー コアシール住友ゴム タイヤ・テクノロジー ジャイロブレード シーラント材

「CORESEAL」は、タイヤの裏側にシーラント剤(粘着性・粘度のある特殊材料)を塗布する技術だ。釘が刺さるなどトレッド部の裏側まで貫通する損傷が発生した場合、塗布されたシーラント剤が穴を塞いで空気漏れを防ぐ。

住友ゴム タイヤ・テクノロジー ジャイロブレード 釘刺さり住友ゴム タイヤ・テクノロジー ジャイロブレード 釘抜け

このためパンクを発生することなく、空気圧を維持したまま走行でき、安全性の向上とスペアタイヤ不要による省資源・軽量化を実現し、車両設計の自由度を向上させることができる。ちなみに直径5mmまでの釘やねじ等の異物がタイヤに刺さっている状態、またはいったん刺さってから抜けた状態で空気漏れを防ぐことができるという。

 

ダンロップ アーカイブ
ダンロップタイヤ公式サイト
住友ゴム公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる