情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アルファロメオ ミッドシップ・オープンカーの4Cスパイダーを発表

2015年10月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4Cspider_01

FCAジャパンは2015年10月28日、東京モーターショー2015でアルファロメオのミッドシップ・オープンカーの「4Cスパイダー」を発表。2015年11月21日から全国のアルファロメオ正規ディーラーで販売を開始する。

新発売の4Cスパイダーと4C。

新発売の4Cスパイダーと4C。

4Cスパイダーは、2014年に国内導入された「4C」のオープントップモデルで、脱着可能なソフトトップを備えるのが最大の特徴。そのソフトトップは、専用バッグに収納して、トランクに格納することが可能となっている。

ソフトトップは手動で開閉。

ソフトトップは手動で開閉。

独自デザインを採用するリヤまわり。

独自デザインを採用するリヤまわり。

オープン化に伴い、シャシーやフレームなどにカーボンファイバーや軽量アルミニウムを採用することで、高剛性と軽量化を両立。フロントウインドウのフレームがカーボンファイバー製に変更されているが、これはオープン化による強度不足を防ぎつつ、軽量&低重心を維持するため。このような結果、車両重量は4Cからわずか10kg増の1060kgに抑えられた。

その一方、リヤのボディデザインは4Cスパイダー独自のものとなり、エンジンフード兼テールゲートは3つのエアアウトレットとエアロフォルムに整形されたスポイラーを持つものとなった。また、コクピット背後部に備わるブラックのロールバーも、4Cスパイダーを象徴するアイコンのひとつだ。

シート背後に太いロールバーを備える。

シート背後に太いロールバーを備える。

フロントスクリーンのフレームはカーボン。

フロントスクリーンのフレームはカーボン。

搭載されるアルミニウム製4気筒1750CC直噴ターボエンジンのスペック(最高出力240ps/最大トルク350Nm)は、4Cと同じ。だが、6速乾式デュアルクラッチオートマチックの「Alfa TCT」は、4Cスパイダー専用チューンが施され、よりスポーティに設定されている。

1750直噴ターボエンジンを搭載。

1750直噴ターボエンジンを搭載。

ハンドル位置は左右から選択可能。

ハンドル位置は左右から選択可能。

このほか、4Cスパイダーでは新デザインのバイキセノンヘッドライトが採用されたほか、前17インチ、後18インチのアルミホイールも新デザインに変更。加えて、ボディカラーに新色のプロトタイプ・イエローを追加している。

■価格
4Cスパイダー:861万8400円

アルファロメオ・アーカイブ
アルファロメオの中古車情報はこちら
アルファロメオ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる