情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ニッサン 自動運転の実用化をリードするNissan IDS Concept を世界初披露

2015年10月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NISSAN_IDS_Concept_01日産自動車は2015年10月28日、ニッサンが目指す未来の電気自動車と自動運転を具現化したコンセプトカー「Nissan IDS Concept(ニッサンIDSコンセプト)」を東京モーターショーでワールドプレミア。ニッサンはこのコンセプトカーの開発で、自動運転車の実用化をリードしていくことを目指す。またこのクルマは次期型リーフにつながる点でも注目すべき存在だ。

ニッサンIDSコンセプトは、自動運転のPD(パイロットドライブ)モードと、ドライバーが自ら操作するMD(マニュアルドライブ)モードの相互補完を図る。PDモードでもドライバーの好みを熟知したパートナーとなり、ドライバー自らが運転しているかのようにミスのない信頼できる走りを目指している。

一方でMDモードで自らクルマを操り、加速やコーナリングを楽しんでいるときでも、ニッサンIDSコンセプトは密かにドライバーをアシストする。万が一危険が差し迫った場合には、クルマが最適な回避方法をアシストしてくれるのだ。ニッサンはこれをクルマがもっとパートナーになる『Together We Ride』と名付け、目指すべき自動運転の方向性とした。

NISSAN_IDS_Concept_02カルロス・ゴーン社長兼CEOは「このIDSはドライバーの認知/判断/操作をサポートすることで、交通事故の約9割の原因である人的ミスを補い、より安全で効率的かつ楽しいドライビングを実現します」と語っている。

ニッサンIDSコンセプトはロングホイールベースの利点を生かして、ハッチバックでありながらも、天然素材やメッシュ調レザーのインテリアで、大人4名がゆったりくつろげる室内空間を確保している。PDモードを選択すると不要となるステアリングは姿を消し、インストルメントパネル中央は大型のモニターとなる。室内は柔らかく落ち着いた光で優しく照らされ、4つのシートは内側に少しだけ回転。すべての乗員が 同じ風景を共有することで、リビングルームでリラックスしているような心地よさで、乗員全員が豊かなコミュニケーションを取ることができる。
NISSAN_IDS_Concept_03NISSAN_IDS_Concept_04
一方でMDモードにすると、インテリアはドライビングを楽しむための空間へと変貌する。すべてのシートは前方を向き、馬の手綱をイメージしたステアリングやメーター、ヘッドアップディスプレイが出現。室内照明も運転に集中できるブルーに変わる。このトランスフォームはフロントシートの間にあるPDコマンダーで操作。自動運転中にドライバーがフィジカルに操作できる唯一のスイッチでもある。あえて音声やジェスチャーでの操作としなかったのは、人間が責任を持って運転 することを明確にするためで、これもニッサンが考える自動運転の姿なのだという。

NISSAN_IDS_Concept_05
スタイリングやカラーはEVらしいクリーンさ、清潔さを表現している。ボディサイドには水平基調のLEDのラインを配置。インテンション・インジケーターと名付たこのラインは、周囲にいる人を検知すると青く発光し、さらに人に向けて白い点滅する光でクルマが相手を認識していることを知らせる。インストルメントパネル前方には、外向きのディスプレイを配置。車外の人たちに向けて、写真の「おさきにどうぞ」など、クルマの意思を伝えるメッセージが流れる仕掛けも用意されている。

ニッサン・アーカイブ

ニッサン中古車情報

ニッサン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる