情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ CX-3およびCX-5が、JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて最高ランクの「ASV+」を獲得

2015年10月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P1J09553s

2015年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクの「ASV2+」の評価を獲得したマツダCX-3

2015年10月23日、マツダは、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載したCX-3およびCX-5の2車種が、2015年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクの「ASV2+」の評価を獲得したと発表した。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、車両との衝突回避または衝突被害軽減を支援する被害軽減ブレーキ、車線のはみ出しを検知・警告する車線はみ出し警報、さらに今年度からはバック時の視界情報を支援する後方視界情報提供装置(バックビューモニタ等)の安全性能試験を実施し、車両の予防安全性能を「ASV+」、「ASV」の2段階で総合評価している。

P1J09117l

2015年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクの「ASV2+」の評価を獲得したマツダCX-5

最高ランク「ASV+」を獲得したCX-3とCX-5は、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の装備として中高速走行時から衝突被害を軽減または回避するスマート・ブレーキ・サポート(SBS)、低速時の衝突被害を軽減または回避するスマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS F)、車線をはみ出す可能性がある場合に警報を発する車線逸脱警報システム(LDWS)などを採用している。

2014年度のJNCAP予防安全性能アセスメントにおいても、アテンザ、アクセラ、デミオの3車種が「ASV+」を獲得しており、評価対象のすべての車種で最高の評価を得ている。また、海外においては、IIHS(米国道路安全保険協会)が実施した北米仕様2016年モデルのMazda6(日本名:アテンザ)とCX-5が衝突回避性能試験において最高ランクの評価を獲得するなど、北米でも高い予防安全性能が認められるとともに、先進安全技術の普及に向けた姿勢が評価されており、さらにマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を搭載した新世代商品が備える高い予防安全性能は、国内外で評価されている。

マツダ アーカイブ
マツダ・CX-3 アーカイブ
マツダ・CX-3 中古車情報
マツダ・CX-5 アーカイブ
マツダ・CX-5 中古車情報
マツダ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる