情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ミツビシ 「eKワゴン」、「eKカスタム」大幅改良 機能装備充実と燃費向上

2015年10月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eKカスタム

eKカスタム

2015年10月22日、ミツビシは軽自動車ハイトワゴンの「eKワゴン」、「eKカスタム」のフロントフェイスなどのデザインを変更し、燃費性能の向上、機能装備の充実など大幅な改良を行ない、同日から発売を開始した。

eKカスタムの新しいエクステリアは、フロントデザインコンセプト「ダイナミクシールド」を採用し、バンパーセンターは質感の高いグロスブラックに。バンバー左右下部にはLEDイルミネーションを配置しクロームメッキで縁取るなど、カスタムに相応しいスポーティ、アグレッシブさを強調。

ミツビシ eKカスタム 大幅改良ミツビシ eKカスタム 大幅改良

インテリアは「T Safety Package」に、ステアリングホイールの一部をピアノブラック/メッキモールの上質感のある新デザインを採用。パワーウィンドウスイッチパネルには、メッキ調ラインモール加飾を追加している。

eKワゴンは、フロントバンパーのデザインを変更し、アッパーグリル幅を上下に拡大。スポーティな印象を強めるとともに、左右下部にガーニッシュを追加し安定感を表現。従来の上質感を継承しながら、モダンでスポーティなデザインに。また「G」、「G Safety Package」、「T Safety Package」はディスチャージヘッドライト(光軸自動調整機構付)」を採用している。

eKワゴン

eKワゴン

ボディカラーはポピーレッドメタリック、ウォーターブルーメタリック、シトラスイエローソリッドの新色を加えた全9色。

ミツビシ eKワゴン 大幅改良ミツビシ eKワゴン 大幅改良

インテリアはシートのメイン生地を、アーガイル柄の肌触りの良いスエード調トリコット生地に変更。ブラウンと明るいアイボリーの2トーン仕様とし、上質感のあるモダンでおしゃれな室内としている。

eKワゴンでも力強い走りのターボエンジン搭載車「T Safety Package」を新たに設定。eKカスタム、eKワゴン共通の上級グレード「G」、「T」の予防安全機能付グレードでは、従来の「e-Assist」(低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム、誤発進抑制機能)に加え、軽自動車初となる「オートマチックハイビーム」、「オートライトコントロール」、「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)」を追加して、グレード名称を「e-Assist」から「Safety Package」に改称している。

ミツビシ eKワゴン/カスタム 大幅改良ミツビシ eKワゴン/カスタム 大幅改良

NAエンジン車は電子制御サーモスタッドの採用、CVT制御の見直しなどにより、動力性能を確保しつつ、2WD車で30.4km/L(+0.4km/L)、4WD車ではオートストップ&ゴーや減速時13km/hでエンジンが停止するコーストストップ機能、アシストバッテリーの新採用しなどで6.6km/L(+0.6km/L)へと燃費を向上(eKワゴン Eを除く)している。

ターボエンジン搭載車は、オートストップ&ゴー(コーストストップ機能付き)とアシストバッテリーを新たに採用し、2WD車で26.2km/(+2.8km/L)、4WD車で25.0km/L(+2.4km/L)と改善。またターボ車はダンパーの減衰力を最適化し、乗り心地を向上させ、パワーステアリングの制御を改良し取り回し性を向上させている。

ミツビシ eKワゴン eKカスタム価格表

 

ミツビシ アーカイブ
ミツビシ eKワゴン/カスタム アーカイブ
ミツビシ eKワゴン/カスタム中古車情報
三菱自動車公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる