情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

日産 ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を販売店に導入

2015年10月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

nissan_01

ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」

日産自動車は、を11月より日産販売店に導入することを発表した。まず、全国の「レディー・ファーストショップ」の内100店舗に順次導入し、その後、他販売店舗へも拡大していく予定だという。

日産とソフトバンクは、以前より「Pepper」の法人向けモデル「Pepper for Biz」の店舗活用に関する共同プロジェクトを進めてきた。そして、「Pepper for Biz」のサービス開始に伴い、日産販売店への導入が決まった。なお、自動車メーカーとして「Pepper for Biz」を販売店に導入するのは、日産が世界で初めてとなる。

今回日産が導入する「Pepper」には、日産販売店用に開発された専用アプリケーションを搭載。来店者の出迎えから、胸部のタブレットを使った商品説明、子ども向けエンターテインメントなど、居心地のよい店舗のためのさまざまなサービスを提供する。

また、日産は、女性客や初めてクルマを購入する人に向け、店舗の運営や設備などに独自の認定基準を設けた「レディー・ファーストショップ」を設定。この店舗は、スタイリッシュなデザインの店内に授乳ルームや広々としたキッズスペースを完備ししているのが特徴だ。

レディー・ファーストショップ

レディー・ファーストショップ

日産は、「レディー・ファーストショップ」に「Pepper」を導入することにより、さらに細やかなサービスの提供が可能になると期待している。

一方、ソフトバンクは、「Pepper for Biz」で利用できる複数のアプリケーションの一括管理や、接客情報などを蓄積してマーケティングに活用するための「Pepper for Bizプラットフォーム」の提供に加え、Wi-Fi環境の提供や初期設定のサポートなど、導入から運用までを全面的にサポート。今回の取り組みを皮切りに、「Pepper」の活用の幅を広げ、さらにさまざまな分野への展開を目指している。

日産・アーカイブ
日産の中古車情報はこちら
日産公式サイト
ソフトバンク公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる