Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ 持続可能な社会の実現を目指す「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表

2015年10月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOYOTA_ENV_CHALLENGE_2050
トヨタ自動車は2015年10月14日、持続可能な社会の実現に貢献するための新たな挑戦として、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表した。これは気候変動や資源枯渇、生物多様性の劣化などといった地球環境の問題に対して、クルマの持つマイナス要因を限りなくゼロに近づけるとともに、社会にプラスをもたらすことを目指して、「もっといいクルマ」「もっといいモノづくり」「いい町・いい社会」の3つの領域で6つのチャレンジを掲げている。

併せて、「トヨタ環境チャレンジ2050」の実現に向けて、当面の実行計画である第6次「トヨタ環境取組プラン」を策定し、2016 年度から 2020 年度までの5カ年計画として展開を図る。3つの領域における6つのチャレンジと、その実現に向けた当面の主な取り組み・目標の概要に関しては以下の通りだ。

まず、「もっといいクルマ」という領域については2つのチャレンジを掲げている。チャレンジ1は『新車CO2ゼロチャレンジ』で、2050年のグローバルにおける新車平均走行時のCO2排出量を2010年に比べて90%削減しようというもの。そのため、2020年頃には燃料電池自動車をグローバルで年間3万台以上販売することを目指す。また燃料電池バスは2016年度中に導入を開始し、2020年の東京オリンピックに向けて100台以上を目途に準備を推進。さらにハイブリッド車の販売は2020年までに年間150万台、累計1500万台を目指す。これにより2020年のグローバル新車平均走行時CO2排出量を、2010年比で22%以上削減する。

続いてのチャレンジ2は『ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ』で、これはライフサイクル視点で、材料・部品・モノづくりを含めたトータルでのCO2排出ゼロを目指すというもの。具体的には開発や設計の段階から、低CO2材料の開発・使用拡大、材料使用量・部品点数の削減など、材料 製造時のCO2排出量を削減する。併せてリサイクルバイオ材料の使用拡大や解体が容易となる設計など、資源効率向上を目指した開発にも取り組み、環境配慮設計をさらに推進する。

2番目の領域「もっといいモノづくり」では、まずチャレンジ3として2050年にはグローバルで工場CO2排出ゼロとする『工場CO2ゼロチャレンジ』に取り組む。当面の目標は2020年に、新工場と新生産ラインでは生産1台あたりのCO2排出量を2001年に比べて約半減、2030年に約3分の1へ削減。さらに再生可能エネルギーと水素の利用により2050年にCO2排出ゼロを目指す。

またチャレンジ4は 『水環境インパクト最小化チャレンジ』で、各国や各地域事情に応じた水使用量の最小化と排水の管理を目指す。当面は従来から進めている生産工程内での水使用量削減に加えて、雨水利用による工業用水使用量の 削減、生産工程内での水の再利用率向上、工場排水リサイクルによる水の再利用などを推進する。さらに排水域の水質よりも厳しい水質基準で排水の水質を管理し、自然にとって良い水質で 地域に還すことで地域環境に貢献することに取り組む。

そして3番目に領域である「いい町・いい社会」については、チャレンジ5として 『循環型社会・システム構築チャレンジ』に挑戦する。これには日本で培った「適正処理」やリサイクルの技術・システムのグローバル展開に向けて、2016年から2つのプロジェクトを開始。さらにチャレンジ6として『人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ』を掲げた。これは自然保全活動をトヨタグループやその関係会社から地域・世界へ、そして未来へつなぐために、2016年から3つのプロジェクトを展開する。

詳細については、「トヨタ環境チャレンジ2050」の公式サイト を参照されたい。

トヨタ・アーカイブ

トヨタ中古車情報

トヨタ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる