情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ ハンガリー生まれの新SUV「エスクード」がデビュー

2015年10月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ 新型エスクード

1.6L新型エスクード 4WD。開発・生産はハンガリーのマジャール・スズキで逆輸入車だ

 

2015年10月15日、スズキは1.6Lエンジンを搭載するBセグメントのSUV、新型エスクードを発表した。同じ車名で従来から存在する本格SUVのエスクードは、「エスクード 2.4」として存続し、併売される。

今回発表された新型エスクードは、2014年9月のパリモーターショーでデビューした「ヴィターラ」の日本仕様だ。これまでの経過をたどれば、2013年のフランクフルトショーに出展されたコンセプトカー「iV-4」の市販化仕様がヴィターラ(ヨーロッパ名)でヨーロッパでは2015年4月販売が開始されている。

開発・生産はハンガリーのマジャール・スズキで、日本仕様は逆輸入車となる。スズキのSUVラインアップは、これまでラダーフレーム、縦置きエンジンの本格的なクロスカントリー性能を備えた「エスクード 2.4」(輸出車名はグランド・エスクード)、Cセグメントのクロスオーバー「SX4 S-CROSS」、より小型の本格クロスカントリーカーとして「ジムニー/ジムニーシエラ」が展開されているが、新たにBセグメントの、SUVの資質を持つ新型のコンパクトSUV、新型エスクードが追加されることになったわけだ。

■価格:(消費税込) 2WD:212万7600円 4WD:234万3600円 オプション:クールホワイトパール2万1600円高(消費税込)       ブラック2トーンルーフ4万3200円高(消費税込)

現在、Bセグメントのクロスオーバー/SUVは世界的にみて最も競争が激しいカテゴリーだが、スズキのグローバル戦略車と位置付けられる新型エスクードは、クロスオーバー・タイプと本格的なクロスカントリー4WDの中間に位置するSUVとされ、クロスオーバー的な扱いやすさと、本格SUVに匹敵する悪路走破性能を兼ね備えており、Bセグメントの中で、独自の存在であることを訴求している。

スズキ 新型エスクードスズキ 新型エスクード

新型エスクードが追求したのは、コンパクト&スタイリッシュなSUVデザイン、ゆとりのあるキャビンと積載性に優れたパッケージング、ヨーロッパで熟成した走りと「ALL GRIP」による高い走破性能、先進安全技術によるドライバー支援システムの採用だ。

スズキ 新型エスクードスズキ 新型エスクード

デザインはスズキのSUVデザインを継承しながら、より力強い安定感のある造形になっている。ボンネットはこれまでのエスクードのデザインを受け継ぎ、クラムシェル(貝殻)式とし、バンパーやグリルはワイド感を強調し、安定感を演出している。

スズキ 新型エスクード

インテリアもSUVとしての力強さをテーマに、質感を追求。ヨーロッパ生まれらしくステアリングはチルト&テレスコピックが装備される。ブラック基調のインテリアカラーに金属調のガーニッシュを採用しアクセントを付けている。また4DWモデルは運転席/助手席に2段階調整式シートヒーターも装備している。<次ページへ>

スズキ 新型エスクードスズキ 新型エスクード

スズキ 新型エスクード 車種構成

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる