Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ 新型「Vクラス」を発表

2015年10月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

V_CLASS_01
メルセデス・ベンツ日本は2015年10月10日、 新型V クラスを発表した。3代目となる新型は日本専用に開発したクリーンディーゼルの2.2L直4BlueTECエンジンを搭載し、標準/ロング/エクストラロングの3種類のボディタイプを用意。先進の安全運転支援システムやCOMANDシステムなど、装備も大幅に充実させている。なおデリバリーは2016年1月からを予定している。

V_CLASS_04
初代Vクラスは1998年に欧州のミニバンとして初めて日本に導入。ワイドでスクエアなスタイリングと上質な室内空間、アレンジ自在なシートなどにより、プレミアムミニバンというセグメントを創出。その後も03年のフルモデルチェンジ、06年と11年の 一部改良を経て、7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドアなど、日本国内のニーズにも合わせて装備拡充を図ってきたことで、累計販売2万台を超えるロングセラーモデルとなっている。

V_CLASS_05
新型Vクラスのパワートレーンは世界で最も厳しいとされる日本のポスト新長期規制に適合するため、全モデルに専用開発した2.2L直列4気筒BlueTECディーゼルエンジンを搭載。このエンジンには、DPF(粒子状物質除去フィルター)でPM(粒子状物質)を除去した排出ガスに尿素水溶液のアドブルーを噴射し、熱反応によってアンモニアを生成させた後に SCR触媒コンバーターで化学反応を発生させ、有害なNOxを大幅に削減するディーゼル排出ガス処理システムを採用している。

V_CLASS_06aV_CLASS_06b
メルセデスの最新ディーゼル技術であるピエゾインジェクターを用いた最新世代のコモンレールシステムや電子制御可変ターボチャージャーなどにより、最高出力163ps(120kW)、最大トルク380Nmの余裕ある動力性能を発生。トランスミッションには7速オートマチックトランスミッションの7G-TRONIC PLUSを搭載。エンジンパワーを効率的に活用することで燃費性能と快適性を向上。JC08モード燃費は15.3km/Lで、先代のV型6気筒の3.5Lガソリンエンジンと比較して最大+125%も向上している。

V_CLASS_07
ちなみにVクラスはメルセデス伝統のFRレイアウトを採用している。エンジンと前輪の位置が自由に決められるので、クラッシャブルゾーンや前輪の切れ角を十分に確保することができ、取り回しやすさと安全性が向上する。また乗員人数や積載量にかかわらず駆動力が路面に伝わるため、走行安定性にも優れている。さらに長いプロペラシャフトが加減速のショックや騒音、振動を低減するため、上質な乗り心地が愉しめる。

足まわりには定評あるAGILITY CONTROLサスペンションを採用した。フロントにマクファーソン式、リアにセミトレーリングアーム式を搭載。ローダウンするとともにスタビライザーを採用することでロールが減少し、高い走行安定性を実現した。 さらに走行状況に応じて減衰力を調整するセレクティブ ダンピングシステムを採用。通常走行時には油圧抵抗を減少させて快適な乗り心地を、ハードなコーナリング時など急激な入力に対しては最大限の減衰力を発揮する。

V_CLASS_02
新型Vクラスのエクステリアは彫刻的なアローシェイプのボンネットが、スリーポインテッドスターを中央に配したラジエターグリルと連なり、メルセデスらしい気品あふれるフロントマスクを形成。ヘッドライトには走行状況や天候に応じて配光モードを自動で切り替えるLEDインテリジェント ライトシステムを採用。またサイドビューはフロントから連なる立体的な2本のキャラクターラインが流れるようなダイナミズムを演出する。

写真のモデルはロングボディ

写真のモデルはロングボディ

広大な室内空間にはシートやステアリングホイール、シフトレバーなど随所にナッパレ ザーなど厳選された高級素材を採用。さらに面積の大きなダイナミックな構成のインテリアトリムにより、空間を広く見せると同時に高級感を強調している。また間接照明により夜間の室内にラグジュアリーな雰囲気を醸成するアンビエントライトも採用している。

堅牢なシートレールを採用したフラットなフロアに2列目は独立シート、3列目はベンチシートを配置して、長距離ドライブでも高い快適性を実現している。脱着可能なシートを採用しているため、2列目を後ろ向きにセットして後席乗員5人が向かい合う状態にしたり、後席を2座のみとするショーファードリブン仕様にしたり、2/3列目をすべて取り外して荷物を積載したりと、用途に合わせて多彩にアレンジすることができる。

さらに、前席左右と後席で独立しての温度設定が可能で、設定に合わせた温度と風量を自動調整するクライメート コントロール(前席左右独立調整)&後席専用クライメートコントロールを採用。後部座席の快適性をより高めるために、2列目および3列目用の吹き出し口をルーフトリムと足元にそれぞれ備えている。また座面とシートバックの快適性を高めるシートベンチレーターも設定している。

ラゲッジルームには狭い駐車場でも開閉できて小物などの積み下ろしに便利な開閉式リアウインドウを採用。さらに通常シートアレンジ時のラゲッジスペースを上下2つに分割するラゲッジルームセパレーターも装備している。ラゲッジ容量は、標準ボディ車が720~4500L、ロングボディのV 220 d アバンギャルドlongが1030Z〜5000L、エクストラロングボディのV 220 d エクストラロング AVANTGARDE Extra-longでも1410〜5500Lとなっている。
新型Vクラスには「セーフティ&コンフォート」を体現する最新鋭の装備も搭載されている。長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を70以上のパラメーターで検知して注意力低下を警告するアテンションアシスト、走行中の横風に対して車両片側のブレーキ制御を行なうことでより安定した走行をサポートするクロスウインドアシストを全車に標準装備。

さらに追突のリスクを低減するレーダー型衝突警告システムのCPA(衝突警告システム)、最適な車間距離を自動で維持するとともに先行車が停止した場合は減速して停止するディストロニック・プラス、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告するブラインドスポットアシスト、車線逸脱をステアリングの微振動で警告するレーンキーピングアシスト、危険を察知した際に安全装備の効果を最大限に高めるPRE-SAFEなどが設定されている。

また、車両周囲の状況をモニターする360°カメラシステム、自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストするアクティブパーキングアシスト、前後バンパーに埋め込まれた超音波センサーで障害物との距離を感知して警告するパークトロニックを標準装備。ボディサイズの大きいVクラスの駐車や取り回しをサポートする。

オーディオにはSクラスなどにも採用されているBurmesterサラウンドサウンドシステムを設定。純正アクセサリーでは、2列目と3列目の乗員が映画やテレビなど多彩なコンテンツをドライブ中に 楽しめるリアエンターテインメントシステム、室内の頭上に衣服などの軽い小物類を収 納可能なオーバーヘッドスペースネット、頑丈なシートレールを活用してロードバイクを運ぶのに便利な車内用バイシクルホルダー、リアゲートに簡単に装着できるターフ&カーテンセットなどにも注目したい。
Press Information

メルセデス・ベンツ アーカイブ

メルセデス・ベンツ Vクラス中古車情報

メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる