情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

フォード エクスプローラーを大幅改良。パワートレーンも一部変更および追加

2015年10月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Explorer_Exterior_01
フォード・ジャパン・リミテッドは2015年10月7日、SUVのフォードエクスプローラーを大幅改良した。内外装のデザインを刷新したほか、パワートレーンも一部変更および追加。10月31日より全国のフォード販売会社を通じて発売すると発表した。

今回の改良では、エクステリアデザインをRugged(ラギッド=力強さ)というキーワードのもとに刷新。より存在感のあるフロントグリルやLEDヘッドランプを採用した。またフロントフォグランプ・フレーム内のエアインテークから空気を取り入れ、ボディ側面に高い圧力の気流を作り出すエアロカーテンを新採用した。新デザインのローハイト・ルーフレール、それに伴うリアスポイラーの改良などによって空力性能も改善している。

一方でインテリアもでは新開発のドアシールの採用により静粛性を向上。さらに1列目にマッサージシート、2列目にシートヒーターを装備するなど、質感と快適性を向上している。

パワートレーンはFWDモデルのXLT EcoBoostのエンジンを2.3L EcoBoostエンジンに変更。従来の2.0L と比べて、最高出力と最大トルクを大幅に向上しながら、燃費を約5%改善している。すべてのモデルに搭載されるSelect Shift 6速オートマチックトランスミッションには、新たにステアリングから手を離さずマニュアル感覚でシフト操作ができるパドルシフトを採用した。

安全性においてはタイヤ空気圧モニターやBLIS with CTAを新たに全車標準装備とした。さらに上級グレードには180°スプリットビュー・フロントカメラ&リヤビューカメラ(ウォッシャー機能付き)といった先進デバイスも追加している。

ちなみに2016年には最高出力272kW(370ps)、最大トルク474Nm(48.3kgm)を発生する3.5L V6 のEcoBoostエンジンを搭載したTitaniumを4WDのラインアップに加える予定だ。このインテリアには最上級のニルヴァーナレザーとSONY独自のLive AcousticとClear Phaseという、自動車用オーディオとしては世界初の2つのテクノロジーを装備した新開発のサウンドシステムを採用している。

バリエーション構成と価格については以下の通り。なお、本サイトではFWDモデルのXLT EcoBoostの試乗レポートを既報しているので、興味のある方はそちらも参照されたい。

EXPLORER_PRICELIST

フォード・アーカイブ

フォード・エクスプローラー中古車情報

フォード公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる