情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボ 新型車 V60クロスカントリーを発売

2015年10月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
V60CC_02

V60クロスカントリー

ボルボ・カー・ジャパンは2015年10月6日、ボルボの中核モデルとなる60シリーズに、新たなラインアップ「V60クロスカントリー」を設定し、全国のボルボ正規ディーラーを通じて販売を開始することを発表した。

V60クロスカントリーは、V40クロスカントリーに続くクロスカントリーモデルの第2弾となる。スポーツワゴンモデルのV60をベースに、クロスカントリー専用のエクステリアデザインと高められた最低地上高が与えられ、スタイリッシュななかにもSUVテイストを加えたクロスオーバーモデルとなる。

エクステリアでは、ハニカムデザインのフロントグリルやフロント&リヤのスキッドプレート、サイドスカッフプレート、グラファイトカラーのフェンダーエクステンション、グロッシーブラックのドアミラーカバー&サイドウインドウトリムなど、数々のクロスカントリー専用装備がおごられる。

V60CC_03

V60クロスカントリーのインテリア

一方、インテリアは、基本的にはベースとなるV60に準じるが、オプションで専用のブラウンステッチ入りツートーンカラーのスポーツシートを選択することが可能となる。

V60CC_08

足回りにはクロスカントリー専用のサスペンションが採用され、V60比で全高が+60mmの1540mm、最低地上高が+65mmの200mmとなっている。これにより、V60ゆずりの快適性とスポーティなドライビング性能に加え、ラフロードでの走行性能を確保。さらに、高いアイポイントによる運転のしやすさや、1540mmに抑えられた全高により、一般的なSUVに比べて、乗降性のしやすや立体駐車場の入庫といった利便性も兼ね備える。

V60CC_04

2.0L・直列4気筒ディーゼルターボエンジン

V60CC_05

2.5L・直列5気筒ターボエンジン

ラインアップは、新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する「D4 SE」と、ガソリンエンジンの「T5 AWD」の2タイプを設定。ディーゼルエンジンは2.0L・4気筒ターボで、最高出力190ps、最大トルク40.8kg-mを発生。最新の8速ATとの組み合わせにより、JC08モード燃費19.5km/Lという高い燃費性能と、ディーゼルらしいダイナミックな走行性能を実現する。なお、「D4 SE」は自動車取得税および自動車重量税が免税(100%減税)、自動車税75%軽減のエコカー減税対象車となる。

「T5 AWD」は、最高出力254ps、最大トルク36.7kg-mを発揮する2.5L直列5気筒、横置きターボエンジンを搭載。AWD(四輪駆動)システムにより、高い走破性を実現しており、急勾配の坂を下る際にブレーキを自動制御し、一定車速で走行することができるヒル・ディセント・コントロールを装備する。こちらも組み合わされるトランスミッションは8速ATだ。

また、全車に歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキや、全車速追従機能付きACCをはじめとする先進安全装備・運転支援機能を標準装備する。

V60CC_06

V60CC_07

ボルボ・アーカイブ
ボルボV60の中古車情報はこちら
ボルボ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる