情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ダイハツ 東京モーターショー 軽自動車コンセプトカー4台をワールドプレミア

2015年10月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイハツ 東京モーターショーNORIORI

近未来のマルチユース・コミューターというコンセプトを訴求した「NORI ORI」

ダイハツは2015年10月29日から開幕する第44回東京モーターショーに、ワールドプレミアとなる4台の参考出展車と、市販モデル10台、技術展示を出展すると発表した。

東京モーターショーにおけるダイハツのテーマは、「POSSIBLE! あすの『できる』をダイハツと」だ。人に寄り添う軽自動車をさらに進化させることで日常生活に楽しさや喜びをプラスし、乗る人が笑顔になるクルマ造りを表現する。

■NORI ORI(ノリオリ)
すべてのユーザーが直面するクルマに対するハードル、乗り降りに着目し、イージーアクセスできるように、超低床でフラットなフロアとしている。横からでも後部からでも乗り降りできる2ウェイ・アクセス式大開口ドア、電動スロープを備えることで、ベビーカーから車椅子まで幅広い用途で乗り降りのしやすさを追求した「近未来のマルチユース・コミューター」を提案するコンセプトカーだ。車椅子は2台を折りたたまずに乗せることができる。

ダイハツ 東京モーターショーNORIORIダイハツ 東京モーターショーNORIORI

ダイハツ 東京モーターショーNORIORIダイハツ 東京モーターショーNORIORI

ダイハツ 東京モーターショーNORIORI

「NORI ORI」は高齢化社会に向けてのコミューターと位置付けており、単なるコンセプトカーではなく、近い将来に市販化を想定したモデルだ。サスペンションはダブルウイッシュボーン、リヤはトレーリングリンクとした専用プラットフォームを採用。タイヤも専用のブリヂストン製だ。車高自動ダウンシステムを採用することで超低床のメリットをより引き出すことがでくきる。

■TEMPO(テンポ)
車名のテンポは、店舗をかけており、軽自動車の新しい形としてFF用のプラットフォームを採用した新ジャンルのスペース系商用車を提案するモデルだ。FFのメリットを生かし室内スペースの自由度を追求し、出展車は移動販売車としている。運転のしやすさ、乗り降りのしやすさを生かした商用車として、新たな市場を開拓するモデルだ。

FF方式の商用車という新ジャンルの提案モデル「TEMPO」

FF方式の商用車という新ジャンルの提案モデル「TEMPO」

ダイハツ 東京モーターショー TEMPOダイハツ 東京モーターショー TEMPO

助手席側はLED照明が付きガルウイング・ドアを採用。カウンターテーブルを一体化したショーケースも設置。車両側面にはデジタル看板を設置している。TEMPOはウェイクをベースとしており、市販化はそう遠くないと予想される。

■D-Base(ディーベース)
ニューベーシック・スモールカーの提案とされているが、次期型ミラ・イースのスタディモデルだ。e:Sテクノロジーを進化させた改良したエンジンを搭載し、更なる燃費性能を追求した次世代モデル。新たなデザインを採用しエコ&スマートを表現している。

ダイハツ 東京モーターショー D-Base

D-Base.次世代スモール・ベーシックカーの提案

ダイハツ 東京モーターショー TEMPOダイハツ 東京モーターショー D-Base

タイヤは145/55R18と異例なサイズで、ブリヂストンのオロジック・タイヤを採用しているのが注目される。

■HINATA(ヒナタ)
デザインと室内スペースの新機能を融合させたラウンジデザインの軽自動車として提案するスタディモデルだ。デザイン・コンセプトはナチュラル・リラックス。パッケージは室内の広々感を追求し、両側観音開きドア、ユニークなシートアレンジを採用している。

ダイハツ 東京モーターショー HINATA

ダイハツ 東京モーターショー HINATAダイハツ 東京モーターショー HINATA

インテリアに自然素材を多用。シートアレンジは、ドア開口方向にベンチシートを回転配置することができ、縁側でのんびり日向ぼっこするイメージを取り入れている。

参考出展車の主要諸元

ダイハツ・アーカイブ
ダイハツ中古車情報
ダイハツ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる